ヘッジファンド
  1. Top

スポンサーサイト

スポンサードリンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
  • ジャンル :

米国株投資家必読のウォール・ストリート・ジャーナル<個別企業からETFまで他紙にはない米国株情報満載>

スポンサードリンク


ウォール・ストリート・ジャーナル日本版は、米国版の記事から厳選した金融・経済の情報を、日本の編集チームが翻訳・編集。
これまで英語でしか読むことができなかった分析記事や鋭い論説を日本語でリアルタイムに読むことができます。

ウォールストリート・ジャーナルは全米で最も信頼されているビジネス紙で、アメリカのみならず世界を代表する経済紙の一つとされており、国際的に大きな影響力を持つとされています。

また、米国個別企業の情報や海外ETFの情報なども満載なので米国株投資家必須アイテムです。
投資家のための専門情報「バロンズ」を読むことができます。
他紙との違いを実感してください。

ウォールストリート・ジャーナル定期購読






スポンサードリンク

NISA恒久化含め検討必要=自民・金融調査会長

スポンサードリンク


ロイターより引用

自民党の根本匠・金融調査会長(元復興相)は17日、ロイターのインタビューに応じ、非課税期間が投資開始から最長5年、口座開設の期限が2023年末までとなっている少額投資非課税制度(NISA)について、恒久化を含めて検討する必要があるとの見解を示した。
同調査会は、成長企業へのマネー供給や家計のポートフォリオ・リバランス促進に向けた議論を行っている。
NISAの扱いも含めた結論は、今年6月をめどに取りまとめられる政府の成長戦略に盛り込まれる方向だ。

2014年の制度開始以来、NISAの口座開設数は1000万口座に迫り、NISA口座を通じた買い付け総額は6兆4465億円に達した(昨年12月末時点の速報値)。
しかし、非課税期間が投資開始から5年のため、5年経過時には新たなNISA口座に移行するか、NISAではない課税口座に移す必要がある。
口座開設が2023年末までということもあり、証券業界からは制度の恒久化を望む声が出ている。
根本会長は、家計の資産形成や日本経済への成長資金の供給拡大の観点から「恒久化を含めて検討する必要がある」と述べた。


日本のNISA制度がお手本としたのは、英国のISA制度です。
英国も当初は、期限付きの制度として誕生しましたが、後に恒久制度に変更されました。

他で増税するならNISAを恒久化してほしいですね。

スポンサードリンク

Man AHL Diversified plc(ADP)Monthly Report as of 31 March 2016

スポンサードリンク


Man AHL Diversified plc(ADP)
Monthly Report as of 31 March 2016

Monthly commentary
Following the initial weak start to the year for risk assets, March continued the
recovery for global markets, with more support coming from the European Central
Bank (ECB) and the US Federal Reserve. In spite of apparent disagreements
within the ranks of the US Federal Open Market Committee, with both hawkish
and dovish commentary reported over the month, Janet Yellen ultimately guided
markets to expect lower rates for much of the year. The fund saw mixed
performance, with the on-going reversal in equities and commodity markets
causing losses while the weaker US dollar helped drive positive performance in
currency trading, leaving overall returns for the month down -2.15%.
In commodities the reversal in risk appetite saw crude oil prices climb more than
40% from the lows in mid-February, before falling back. The higher volatility and
the scale of the reversal saw fund short positions in energy markets cut sharply
and limited losses from both oil markets and related products. Natural gas in the
US also saw a jump in prices following months of weakness as cold weather
concerns returned following the unusually warm February. The fund realised a
loss on its short position in this commodity and also on shorts in grain markets
such as soybeans and wheat that saw a modest rally in prices. Month-end
planting figures from the USDA, however, seemed to trigger a collapse in price for
corn where the fund made more positive returns. The US dollar was really the
biggest mover in currency markets, retreating against most other currencies as
expectations for higher interest rates faded. Appetite for emerging market risk has
been growing and the biggest contributors to performance for the fund came from
long FX positions in Turkey, Brazil and Malaysia, where currencies each
appreciated between 5 and 10% over the month. While emerging FX trading was
very positive for the period, developed markets were less successful with dollar
weakness ending the recent trend in under-performance for the UK pound and
impacting the fund’s short position. Risk positioning in equities was short going
into the month. The biggest losses in futures trading came in Asia where shorts in
the Kospi and Hang Seng indices cost the fund as markets rallied. Shorts in US
banking and energy sector stocks also took losses, while longs in stocks from
utility and food and beverage companies added positively. Early in the month,
when risk markets rallied, developed market bonds fell out of favour. Declines in
prices for US treasuries, gilts and Japanese government bonds saw the fund face
losses on long positions, although other markets were more supported. Italian and
French bond futures in particular continued to rise with more stimulus announced
by the ECB’s Mario Draghi, contributing to more positive performance overall.

AHL


スポンサードリンク

Man AHL Diversified plc(ADP)Monthly Report as of 29 February 2016

スポンサードリンク


Man AHL Diversified plc(ADP)
Monthly Report as of 29 February 2016

Monthly commentary
February began with continuing stresses in global markets as deepening concerns
over China, the impact of oil prices and the rise in US interest rates all weighed on
risk assets. As equity markets reached new two year lows, bearish positioning in
the Fund aligned well with the prevailing sentiment. Following predictably
supportive words by central bankers, there was something of a reversal in prices
later in the month, but the Fund performed well over the period. Positive returns
coming from all asset classes except currencies, and the Fund ended the month
up 3.42% net.

Some of the clearest market stresses showed up early in the month in European
banks. Following weaker than expected earnings both Deutsche and Credit
Suisse saw their Credit Default Swap (CDS) spreads widen sharply as the market
factored the risk of default in their additional Tier 1 bonds. The Fund’s overall
position of long credit protection benefited as spreads widened both in investment
grade and high yield indices. European financial stress may have been the trigger
to Mario Draghi to speak out mid-month and promise that the European Central
Bank “will not hesitate to act” in an effort to stabilise prices. While this statement
appears to have helped halt the downward march in both equity markets and
perhaps more surprisingly the oil market, its implication led to a further rally in
safe-haven bonds and short interest rate futures, to the benefit of the Fund’s long
fixed income positions. Elsewhere, the announcement of the British referendum,
due in June this year, over whether the UK should leave the European Union led to
significant weakness in the pound, while gilts also rallied.

Energy markets continued to see high volatility, with crude oil trading in a range of
more than 20% intra-month. The Fund did well in the first two weeks, but suffered
as markets reversed following Draghi’s speech despite ongoing disagreements
between Saudi Arabia, Iran and Russia about cuts to oil production. In fact, it was
the US natural gas market that saw the largest directional moves, with April 2016
contracts falling 26% steadily over the period, accelerating a trend that started in
the middle of last year, and making it the biggest positive contributor to
performance this month. Currency trading was more mixed, with a wide spread
between different markets reflecting divergence in economies and central bank
policies. The euro, which had rallied early in the month, saw a sharp reversal as
the market anticipated potential lower interest rates in Europe leading to losses on
euro crosses to most other currencies. Long positions in Japanese yen, however,
and short positions in British pounds both helped as the yen rallied and sterling
fell.

Man AHL Diversified plc February 2016


スポンサードリンク

セクター別海外ETF 2015年リターン(配当込み)

スポンサードリンク


SPDR S&P500 ETF (SPY)
2015YTD リターン配当込み 1.2%

SPDR ダウ工業株平均 ETF (DIA)
SPDR Dow Jones Industrial Average ETF
2015YTD リターン配当込み 0.1%


セクター別海外ETF

iシェアーズ グローバル一般消費財 ETF (RXI)
iShares Global Consumer Discretionary ETF
2015YTD リターン配当込み 5.7%

iシェアーズ グローバル・ヘルスケア ETF (IXJ)
iShares Global Healthcare ETF
2015YTD リターン配当込み 6.0%

iシェアーズ グローバル生活必需品 ETF (KXI)
iShares Global Consumer Staples ETF
2015YTD リターン配当込み 6.1%

iシェアーズ グローバル・エネルギー ETF (IXC)
iShares Global Energy ETF
2015YTD リターン配当込み -22.0%

iシェアーズ グローバル金融 ETF (IXG)
iShares Global Financials ETF
2015YTD リターン配当込み -3.6%

iシェアーズ グローバル資本財 ETF (EXI)
iShares Global Industrials ETF
2015YTD リターン配当込み -2.3%

iシェアーズ グローバル素材 ETF (MXI)
iShares Global Materials ETF
2015YTD リターン配当込み -16.9%

iシェアーズ グローバル・テクノロジー ETF (IXN)
iShares Global Tech ETF
2015YTD リターン配当込み 3.9%

iシェアーズ グローバル電気通信 ETF (IXP)
iShares Global Telecom ETF
2015YTD リターン配当込み -0.1%

iシェアーズ グローバル公益事業 ETF (JXI)
iShares Global Utilities ETF
2015YTD リターン配当込み -7.1%


ワイド・モート銘柄と配当成長


スポンサードリンク

========================================================
<PR>
配当金がザクザク増える配当成長銘柄の選び方
米国株の高配当・連続増配銘柄に投資するには米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは
J-REIT老後資金の貯め方マンション購入注意点外国為替動向米国株高配当銘柄
不動産投資外国債券投資お金の増やし方機関投資家 運用資産規模
米国株高配当銘柄&連続増配銘柄米国株おすすめ銘柄60代資産運用70代資産運用
========================================================

証券会社が売りたがらない米国債を買え!証券会社が売りたがらない米国債を買え!
(2011/08/26)
林 敬一

商品詳細を見る


ウォールストリート・ジャーナル式 経済指標 読み方のルールウォールストリート・ジャーナル式 経済指標 読み方のルール
(2012/02/22)
サイモン・コンスタブル、ロバート・E・ライト 他

商品詳細を見る

資産を築く配当成長
categories
recent entries
LINKs

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索
BLOG ranking


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

海外投資

配当成長株投資セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド米国株おすすめ銘柄60代資産運用70代資産運用米国株高配当銘柄
住宅ローン外貨MMFキャッシング転職オーストラリアドル為替教育資金を軽くする
住宅ローンの常識生命保険東京メトロ To Me CARD 申込みマンショ ン購入 注意点住宅ローン 銀行保険リストラからの再就職
リストラ対策1億円貯める方法医療保険の選び方新生銀行住宅ローン何度も何度も確認中国株式投資
シティバンクヘッジファンド米国株式購入方法高配当株式銘柄生活必需品株式銘柄投資信託 選び方
外国株式投資クリーンエネルギー老後資金の貯め方株 入門米国株の魅力債務整理マンションニュース学費の家計負担を軽くするワンルームマンション投資
株式投資 インデックスお金を増やす方法外国為替の動向外国株式インデックス株式投資儲からない長期投資 銘柄米国債 購入中学生テスト勉強方法
米国株 高配当資産運用 初心者老後 貯蓄老後資金運用新興国投資
米国債券投資ワンルームマンション投資 成功老後の資金J-REIT ETF転職エステ効果中古ワンルームマンション投資米国株 銘柄
投資 銘柄教育資金 貯め方海外ファンド投資高利回り 投資信託国債暴落 対策老後資金 貯め方米国株 買い方外国株 購入老後 貯蓄
OL 貯金方法サラリーマン お金持ち米国債 購入社債の購入方法老後の生活資金ワンルームマンション投資のリスク外国債券投資信託
海外株式投資消費者金融比較お金を借りる方法キャッシング即日老後のお金即日融資今すぐお金を借りる方法外貨MMF 豪ドルOL株初心者
人生を楽しむ方法サラリーマン副業ワンルームマンション投資為替動向収入を増やす方法モーニングスター配当フォーカス指数配当狙いの株式投資


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。