ヘッジファンド
  1. Top
  2. » 海外投資

スポンサーサイト

スポンサードリンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
  • ジャンル :

中国株とコモディティを買う 長期投資であれば ジム・ロジャーズ

スポンサードリンク


プレジデントロイターよりジム・ロジャーズ氏の見解

引用開始

もし今、誰かに1万ドル運用してくれと頼まれたとしたら。
長期投資であれば、私は中国株とコモディティ(商品)を買うでしょう。
逆に短期で売却益を出したいというなら、日本円、スイスフランなどの通貨に投資するかな。
今後2、3年は、通貨を買って売却するのに非常にいい時期だと思います。
なかでも日本円は現在、世界で一番強い通貨ではないでしょうか。

中略

今、原油をはじめとした多くの商品価格は大きく下がっていますが、これは一時的な調整局面にすぎず、いずれ反転するはずです。
現在、投資の指標となるファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)が損なわれていないのは商品だけなのですから。
ビジネス全体の基盤が非常に悪くなっている時代の後には商品、実物がさらに強くなるはずなのです。

中略

米国に代わり、21世紀の超大国に躍り出るのは中国です。
現在、米国が世界最大の債務国であるのに対し、中国は最大の債権国となりました。
金融危機以降、米国の政治家は、ウォール街の友人を救うために資金を切り崩しているのに対し、中国政府はいち早く、4兆元の景気刺激資金をもって、農業やインフラ整備といった未来への投資を行おうとしています。
私はこれを評価しており、中国株も、いずれ値上がりするでしょう。

中略

中国以外の国で注目しているのは、台湾、カンボジア、モンゴルといったところです。
3年前、車で世界一周の旅をしたとき、これらの国を訪れました。
どの国も過去に比べ、非常に平和でいい状態にありました。逆に資本主義が行き届かないインドや政治的に不安定なロシアに投資しようとは思いません。

引用終了

やはりジム・ロジャーズ氏はコモディティと中国株への投資
そして、インド、ロシアには投資しないとのことです。

スポンサードリンク

現在の金融危機は30年代以降最悪 ソロス氏

スポンサードリンク


ジョージ・ソロス氏のコメントです。

引用開始

2月21日(ブルームバーグ):米投資家ジョージ・ソロス氏(78)は20日、経済危機の根本的な原因は1980年代の金融規制緩和にあるとの見方を示し、当時から資本主義経済を支配してきた自由市場モデルの終わりを現在の危機が示していると語った。

ソロス氏は米コロンビア大学での非公式夕食会でエコノミストや銀行関係者に対し、レーガン政権が始めた金融の自由化が一連の破たんを招き、政府介入を余儀なくさせたと述べた。また、米住宅市場の崩壊に端を発した世界的なリセッション(景気後退)は「金融システムそのものに打撃を与えた」との考えも示した。

同氏は、責任を「放棄」した点で規制当局も非難されるべき点があると指摘。
さらに、金融市場が非効率で、入手可能なあらゆる情報よりも先入観に影響を受けやすいことが証明された現在、「市場原理主義」は疑問視されているとも語った。

ソロス氏は「現在の危機は30年代以降最も深刻で、これまでの生涯で経験した他の危機とは性格が異なると思う」と話した。

引用終了

市場原理主義は疑問視されている とのことです。

スポンサードリンク

複利と分散投資と世界経済の成長と投資

スポンサードリンク


KlugView 2009/01/30の記事からです。

引用開始

どんな時代であっても、人々は、より豊かな生活を目指し、懸命に働きます。その結果、経済成長は、どこまでも続きます。
地域や経済水準によっては、経済成長が停滞したりマイナスになったりすることもあるでしょうが、世界全体で経済成長がマイナスになる、言い換えれば、世界中の誰もが、過去より貧しくなる事態は、大規模な自然災害が多発したり、世界大戦が起きない限り、あまり考えられません。
我々が、特定の地域や特定の資産に投資をせず、投資対象となる地域や資産を分散させることは、世界全体の経済成長を投資の成果に結びつけるための知恵のように思われます。

引用終了

世界経済の成長と投資 そして分散投資 ごもっともです。
ところで、複利の効果を得るためには、資産を大幅に減らすことなく運用し続けることではないでしょうか。
有名どころのマネージド・フューチャーズ・ファンドはこの十数年間マイナスの年がなかったりしますね。
手軽に投資できる外貨MMFも複利の効果を得られますね。


マネージド・フューチャーズ・ファンドに投資する理由


スポンサードリンク

中国などエマージングマーケットで消費や商品関連株の投資拡大 マーク・モビアス氏

スポンサードリンク


エマージングマーケットファンドの先駆者マーク・モビアス氏の見解です。

引用開始

1月17日(ブルームバーグ)
資産運用会社テンプルトン・アセット・マネジメントの執行会長を務めるマーク・モビアス氏は17日、新興市場の消費関連株と商品関連株の購入を拡大する計画だと述べた。

モビアス氏は「株価は魅力的だ」と指摘し、「今年は新興市場の株式相場にとって回復の一年になると思う」と語った。

新興市場株で約260億ドルを運用する同氏は、中国やインドなどのアジア地域における所得増加が消費財への支出に拍車を掛けると予想。
現在の商品相場は「低過ぎる」との認識も示した。
中国とインドに加え、ブラジルと南アフリカ、トルコに最良の投資機会があると指摘した。

モビアス氏は「新興市場の外貨準備が驚くほど増加している。マネーサプライの伸びもかなり劇的だ」とし、「市場に流入する資金の急増がみられる」と述べた。

世界的な信用市場の凍結のあおりを受け、MSCI新興市場指数は2008年に54%下落し、1987年の指数算出開始後で最悪の展開だった。
同指数は昨年10月27日に4年ぶりの安値を付けたが、その後は各国政府の景気刺激策の発表が好感され、18%上昇している。
同指数の株価収益率(PER)は実績ベースで 8.2倍と、昨年の平均を36%下回っている。先進国の株価指数のPERは10.8倍。

モビアス氏はまた、米国などの景気が2010年に上向くと予想した。
同氏はさらに、ニッケルや金、鉄鉱石、パラジウム、プラチナの生産者に関心があると述べる一方、パーム油関連企業は専門企業が多くないため投資する可能性は低いと語った。
インド投資に関しては、テロ事件やソフトウエアサービスのサティヤムコンピューターサービスの粉飾決算があったものの、継続する考えだと話した。

引用終了

エマージングマーケットの株価は魅力的、今年が回復の年、そして消費関連株と商品関連株、中国、インド、ブラジル、南アフリカ、トルコとのことですね。


スポンサードリンク

中国株や資源、円を推奨 ジム・ロジャーズ氏

スポンサードリンク


ジム・ロジャーズ氏が米ドルや債券相場、推奨する投資対象について語っています。

引用開始

1月19日(ブルームバーグ)
「私ならドルについて懸念するだろうし、実際に懸念している。米国はドルを増刷している。米国はたとえそれがドル相場を破滅させることになっても、景気回復のために可能なことであれば何でもするだろう」

「国債を保有している投資家は大きな間違いを犯している。国債投資はひどい結果に終わるだろう。すべての国債を売却することを勧める」

「もうけたいのであれば、原材料や一部の商品、中国株を買うことだ。私は決して中国株を売らなかった。農業関連銘柄や電力株を買うべきだ。投資すべき対象は中国株と円、商品だ」

ロジャーズ氏は10年後には英国やマレーシアは原油輸入国になっているだろうと予想している。

引用終了

やはり食料、エネルギー、資源、中国ということみたいですね。



スポンサードリンク

========================================================
<PR>
配当金がザクザク増える配当成長銘柄の選び方
米国株の高配当・連続増配銘柄に投資するには米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは
J-REIT老後資金の貯め方マンション購入注意点外国為替動向米国株高配当銘柄
不動産投資外国債券投資お金の増やし方機関投資家 運用資産規模
米国株高配当銘柄&連続増配銘柄米国株おすすめ銘柄60代資産運用70代資産運用
========================================================

証券会社が売りたがらない米国債を買え!証券会社が売りたがらない米国債を買え!
(2011/08/26)
林 敬一

商品詳細を見る


ウォールストリート・ジャーナル式 経済指標 読み方のルールウォールストリート・ジャーナル式 経済指標 読み方のルール
(2012/02/22)
サイモン・コンスタブル、ロバート・E・ライト 他

商品詳細を見る

資産を築く配当成長
categories
recent entries
LINKs

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索
BLOG ranking


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

海外投資

配当成長株投資セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド米国株おすすめ銘柄60代資産運用70代資産運用米国株高配当銘柄
住宅ローン外貨MMFキャッシング転職オーストラリアドル為替教育資金を軽くする
住宅ローンの常識生命保険東京メトロ To Me CARD 申込みマンショ ン購入 注意点住宅ローン 銀行保険リストラからの再就職
リストラ対策1億円貯める方法医療保険の選び方新生銀行住宅ローン何度も何度も確認中国株式投資
シティバンクヘッジファンド米国株式購入方法高配当株式銘柄生活必需品株式銘柄投資信託 選び方
外国株式投資クリーンエネルギー老後資金の貯め方株 入門米国株の魅力債務整理マンションニュース学費の家計負担を軽くするワンルームマンション投資
株式投資 インデックスお金を増やす方法外国為替の動向外国株式インデックス株式投資儲からない長期投資 銘柄米国債 購入中学生テスト勉強方法
米国株 高配当資産運用 初心者老後 貯蓄老後資金運用新興国投資
米国債券投資ワンルームマンション投資 成功老後の資金J-REIT ETF転職エステ効果中古ワンルームマンション投資米国株 銘柄
投資 銘柄教育資金 貯め方海外ファンド投資高利回り 投資信託国債暴落 対策老後資金 貯め方米国株 買い方外国株 購入老後 貯蓄
OL 貯金方法サラリーマン お金持ち米国債 購入社債の購入方法老後の生活資金ワンルームマンション投資のリスク外国債券投資信託
海外株式投資消費者金融比較お金を借りる方法キャッシング即日老後のお金即日融資今すぐお金を借りる方法外貨MMF 豪ドルOL株初心者
人生を楽しむ方法サラリーマン副業ワンルームマンション投資為替動向収入を増やす方法モーニングスター配当フォーカス指数配当狙いの株式投資


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。