ヘッジファンド
  1. Top
  2. » 海外ETF
  3. » 海外ETFを利用した海外投資がおすすめ

海外ETFを利用した海外投資がおすすめ

スポンサードリンク


iシェアーズ のサイトにETFの特徴についてのページがありましたので抜粋します。


ETFの特徴 Benefits of ETFs

柔軟性
証券取引所に上場され、市場が開いている時間はいつでも取引ができる
指値注文や成り行き注文など柔軟な取引ができる
日中を通じた連続的な価格形成がなされる


多様性
株式、債券、コモディティ、テーマ型など、幅広い資産クラスへのアクセスが簡単にできる
世界で1500本近くのETFが上場され、多岐に渡る選択肢がある
様々なETFの組み合わせにより、ニーズにあったポートフォリオの構築が簡単にできる

海外ETFで海外投資


流動性
<流通市場と発行市場:流動性の2つの源泉>

ETFには、流動性の源泉が二つあると言われています。一つ目はETFの流通市場における流動性(出来高)、二つ目はETFの発行市場における流動性です。発行市場の流動性を用いることで、機関投資家はETFの出来高を大きく上回る取引を行うことができます。

流通市場

一つ目の流通市場の流動性は、他の上場株式同様に、取引所(流通市場)における出来高を指します。ETFの発行する受益証券は、取引所(流通市場)に上場され、株式同様、不特定多数の投資家の間で売買されます。
ETFを購入したい或いは売却したい投資家は、流通市場である取引所を利用して自由に売買することができます。ここ数年のETF市場の成長により、取引所における流動性が急速に高まってきています。
2009年2月時点での米国におけるETFの取引量は米国株式市場全体の約40%を占め、取引所での流動性が高まっていることが伺えます。

以上のように取引所の流動性は急速に高まっていますが、機関投資家が必要としている流動性を全てのETFが備えているわけではありません。
例えば、数百億円規模の取引を1日で完了させたいと考えている投資家がいた場合、流通市場だけで流動性を供給できるETFは一部に限られます。
しかし、ETFには、第二の流動性と呼ばれる発行市場が存在し、その問題を解決することができます。ETFが革命的な投資商品と呼ばれる理由がここにあります。

発行市場

ETFは株式と同様に取引所で売買されますが、その受益証券を生成するプロセスは株式の場合と大きく異なります。
株式の場合は、企業が新株の発行を決めない限り、銘柄を問わず市場で取引される株式の供給量には限りがあります。
一方、ETFの場合は受益証券への需要が高まると、それに応じて指定参加者(Authorized Participants、AP)が新しい受益証券を設定することができます。

ETFでは、取引所のスペシャリストや機関ブローカー/ディーラーなどの指定参加者(AP)がファンドとの「現物」受け渡しメカニズムを通して、受益証券の設定および交換を直接的に行うことができます。
APはETFの現在の組成に等しい銘柄バスケットを指定の「現金部分」とともにファンドに渡すことで、ETFユニットを生成できます。
見返りに、APは大量のETF受益証券(iシェアーズ・ファンドの場合、通常5万口)を受け取ります。投資家は、これを流通市場で売買できるのです。

このプロセスは逆にも働きます。例えばある投資家がETFの受益証券を大量に売ろうとしていて、流通市場の流動性が不十分と思われる場合、APはそれを引き取ってファンドに預けた現物と交換することができます。

さらに、「設定・交換」と呼ばれる発行市場の存在は、ETFの市場価格と保有銘柄の価値を常に一致させるというもう一つの利点があります。
もし両者に乖離が発生すれば、証券会社やヘッジファンドなどがすぐに利鞘を稼ぐことができます。
事実、欧米の証券会社各社にはETF専用のトレーディング・デスクが設置され、裁定機会を狙っています。
そのため、ETFの本源的価値(ファンド内の保有銘柄の価値)と流通市場で取引されている受益証券の市場価格とが常に一致する構造となっているのです。
このように、ETFには二つの市場(流通市場と発行市場)の間で潤沢な流動性を供給し、且つ二つの市場間での裁定取引により価格効率性が極めて高くなっています。


透明性
<投資家がいつでもETFの構成銘柄を把握できる>

取引所に上場されていることから、現時点での市場価格を常に把握できる
ETFに含まれる構成銘柄が毎日更新・公開されていることから、最新の情報が把握できる
主にインデックに連動することから値動きが分かりやすい


コスト効率
信託報酬は主に0.09%から0.99%と1%未満のものが多くコスト効率が高い
信託報酬の1%の差異は長期的にはポートフォリオのパフォーマンスに大きな影響を与える


引用終了



海外ETFを利用するメリットとして一番大きいのが、流動性を確保できるということです。
取引所が開いていればいつでも換金できるメリットは大きいと思います。



スポンサードリンク

Comment

Comment Form
コメントの投稿
HTMLタグは使用できません
ID生成と編集に使用します
管理者にだけ表示を許可する

Page Top

Trackback

Trackback URL

http://independenceday2030.blog93.fc2.com/tb.php/238-f6c3bd83

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-

管理人の承認後に表示されます

  • from:
  • 2012-06/25 11:54 (Mon)

Page Top


========================================================
<PR>
配当金がザクザク増える配当成長銘柄の選び方
米国株の高配当・連続増配銘柄に投資するには米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは
J-REIT老後資金の貯め方マンション購入注意点外国為替動向米国株高配当銘柄
不動産投資外国債券投資お金の増やし方機関投資家 運用資産規模
米国株高配当銘柄&連続増配銘柄米国株おすすめ銘柄60代資産運用70代資産運用
========================================================

証券会社が売りたがらない米国債を買え!証券会社が売りたがらない米国債を買え!
(2011/08/26)
林 敬一

商品詳細を見る


ウォールストリート・ジャーナル式 経済指標 読み方のルールウォールストリート・ジャーナル式 経済指標 読み方のルール
(2012/02/22)
サイモン・コンスタブル、ロバート・E・ライト 他

商品詳細を見る

資産を築く配当成長
categories
recent entries
LINKs

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索
BLOG ranking


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

海外投資

配当成長株投資セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド米国株おすすめ銘柄60代資産運用70代資産運用米国株高配当銘柄
住宅ローン外貨MMFキャッシング転職オーストラリアドル為替教育資金を軽くする
住宅ローンの常識生命保険東京メトロ To Me CARD 申込みマンショ ン購入 注意点住宅ローン 銀行保険リストラからの再就職
リストラ対策1億円貯める方法医療保険の選び方新生銀行住宅ローン何度も何度も確認中国株式投資
シティバンクヘッジファンド米国株式購入方法高配当株式銘柄生活必需品株式銘柄投資信託 選び方
外国株式投資クリーンエネルギー老後資金の貯め方株 入門米国株の魅力債務整理マンションニュース学費の家計負担を軽くするワンルームマンション投資
株式投資 インデックスお金を増やす方法外国為替の動向外国株式インデックス株式投資儲からない長期投資 銘柄米国債 購入中学生テスト勉強方法
米国株 高配当資産運用 初心者老後 貯蓄老後資金運用新興国投資
米国債券投資ワンルームマンション投資 成功老後の資金J-REIT ETF転職エステ効果中古ワンルームマンション投資米国株 銘柄
投資 銘柄教育資金 貯め方海外ファンド投資高利回り 投資信託国債暴落 対策老後資金 貯め方米国株 買い方外国株 購入老後 貯蓄
OL 貯金方法サラリーマン お金持ち米国債 購入社債の購入方法老後の生活資金ワンルームマンション投資のリスク外国債券投資信託
海外株式投資消費者金融比較お金を借りる方法キャッシング即日老後のお金即日融資今すぐお金を借りる方法外貨MMF 豪ドルOL株初心者
人生を楽しむ方法サラリーマン副業ワンルームマンション投資為替動向収入を増やす方法モーニングスター配当フォーカス指数配当狙いの株式投資