ヘッジファンド
  1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » 海外投資
  4. » シティグループ メリルリンチ ゴールドマン・サックス・グループ 金融セクター(Financials Sector)の今後は?

スポンサーサイト

スポンサードリンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
  • ジャンル :

シティグループ メリルリンチ ゴールドマン・サックス・グループ 金融セクター(Financials Sector)の今後は?

スポンサードリンク


ブルームバーグに「米シティとメリル:アナリストが業績予想引き下げ-追加評価損を予想」と言う「記事がありました。

引用開始

6月26日(ブルームバーグ):ゴールドマン・サックス・グループとサンフォード・C・バーンスティーンのアナリストは、米銀大手シティグループと米証券大手メリルリンチの2008年4-6月(第2四半期)の業績予想を下方修正した。
追加評価損の見通しが理由。

ゴールドマンのアナリスト、ウィリアム・タノナ氏は25日遅くに発表したリポートで、シティが保有資産の評価額を89億ドル(約9600億円)引き下げ、第2四半期が赤字になるとの予想を示した。
サンフォードのアナリスト、ブラッド・ヒンツ氏は26日、メリルの第2四半期業績予想を1株当たり93セントの赤字と、従来の同82セントの黒字から下方修正した。

タノナ氏は「事業環境が2008年7-12月(下期)に改善に転じるとみていたが、予想通りとはならない可能性が出てきた」とし、シティには「さまざまな逆風が吹いている」と指摘した。

ゴールドマンはシティの第2四半期業績予想を1株当たり75セントの赤字(従来予想は同25セントの黒字)に引き下げた。
メリルについては1株当たり2ドルの赤字(同25セントの黒字)に下方修正した。

ゴールドマンはまた、米国の証券業界の投資判断を「ニュートラル」に下げた。従来は「アトラクティブ」としていた。
業界の環境悪化のペースが当初の予想よりもはるかに激しいと説明した。
タノナ氏は「向こう数カ月に証券株を大幅に上昇させるきっかけとなるような要素を探そうとしても難しい」と記している。

見通しは暗い

ゴールドマンはシティが債務担保証券(CDO)と関連のヘッジで71億ドル、その他の資産で12億ドルの評価損を計上するとの見積もりを示した。
さらに、自社の仕組み債に絡む評価額見直しで6億ドルの損失が出ると試算している。タノナ氏はシティの向こう6カ月の目標株価を16ドルに引き下げるとともに、同銘柄を「コンビクション・セル・リスト」に加えた。

サンフォードのヒンツ氏は「証券会社の業績についての見通しは暗い」として、「利益率の高い投資銀行業務は循環的な減速期に入った」と指摘した。

ゴールドマンはリポートで、シティは現在の配当水準(利回り7%)を維持できない公算や、追加増資が必要となる可能性を指摘した。配当を半分にすることで年間35億ドルの資本を温存できるとの概算も示した。
「シティの現在の収益力を見ると、配当が安全だとは思われない」とし、「一段の資本増強は普通株の発行、減配、さらなる資産売却の組み合わせという形になるだろう」としている。

さらに、シティはレバレッジド(高リスク・高利回り)融資と商業用不動産融資担保証券(CMBS)に関するヘッジによるリスクがメリルリンチやJPモルガンに比べて大きく、損失がより大きくなる可能性が高いと説明した。

UBSとメリルもシティの追加評価損を予想している。メリルのアナリスト、ガイ・モスコウスキー氏は今週、シティの今年の追加評価損を80億ドルと予想した。
UBSのグレン・ショアー氏は20日、4-6月期に87億ドルの評価損との見通しを示した。

また、ワコビアはゴールドマンの投資判断を「マーケットパフォーム」(従来は「アウトパフォーム」)に引き下げた。
ワコビアのアナリスト、ダグラス・シプキン氏は大規模な資本調達案件の減少やヘッジファンド向けサービスのプライムブローカー業務の減速などの見通しを理由に挙げた。
同氏は3月18日に投資判断を「アウトパフォーム」に引き上げていた。

引用終了  http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=newsarchive&sid=aM0arcCv9TXg


また こちらのブログにもアメリカの金融株についての記事がありました。

おかねのこねた : ”賢く、楽しく、飲茶的な投資”
( アメリカの金融株を振り返ってみた)



金融セクター株はどこまで下がるのでしょうか。そして買い時は?

海外ETFの
iShares S&P Global Financials Sector Index Fund (IXG)
も2007年6月の最高値から35%も下がっていますね。

スポンサードリンク

Comment

Comment Form
コメントの投稿
HTMLタグは使用できません
ID生成と編集に使用します
管理者にだけ表示を許可する

Page Top

Trackback

Trackback URL

http://independenceday2030.blog93.fc2.com/tb.php/107-f1ec4c4e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page Top


========================================================
<PR>
配当金がザクザク増える配当成長銘柄の選び方
米国株の高配当・連続増配銘柄に投資するには米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは
J-REIT老後資金の貯め方マンション購入注意点外国為替動向米国株高配当銘柄
不動産投資外国債券投資お金の増やし方機関投資家 運用資産規模
米国株高配当銘柄&連続増配銘柄米国株おすすめ銘柄60代資産運用70代資産運用
========================================================

証券会社が売りたがらない米国債を買え!証券会社が売りたがらない米国債を買え!
(2011/08/26)
林 敬一

商品詳細を見る


ウォールストリート・ジャーナル式 経済指標 読み方のルールウォールストリート・ジャーナル式 経済指標 読み方のルール
(2012/02/22)
サイモン・コンスタブル、ロバート・E・ライト 他

商品詳細を見る

資産を築く配当成長
categories
recent entries
LINKs

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索
BLOG ranking


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

海外投資

配当成長株投資セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド米国株おすすめ銘柄60代資産運用70代資産運用米国株高配当銘柄
住宅ローン外貨MMFキャッシング転職オーストラリアドル為替教育資金を軽くする
住宅ローンの常識生命保険東京メトロ To Me CARD 申込みマンショ ン購入 注意点住宅ローン 銀行保険リストラからの再就職
リストラ対策1億円貯める方法医療保険の選び方新生銀行住宅ローン何度も何度も確認中国株式投資
シティバンクヘッジファンド米国株式購入方法高配当株式銘柄生活必需品株式銘柄投資信託 選び方
外国株式投資クリーンエネルギー老後資金の貯め方株 入門米国株の魅力債務整理マンションニュース学費の家計負担を軽くするワンルームマンション投資
株式投資 インデックスお金を増やす方法外国為替の動向外国株式インデックス株式投資儲からない長期投資 銘柄米国債 購入中学生テスト勉強方法
米国株 高配当資産運用 初心者老後 貯蓄老後資金運用新興国投資
米国債券投資ワンルームマンション投資 成功老後の資金J-REIT ETF転職エステ効果中古ワンルームマンション投資米国株 銘柄
投資 銘柄教育資金 貯め方海外ファンド投資高利回り 投資信託国債暴落 対策老後資金 貯め方米国株 買い方外国株 購入老後 貯蓄
OL 貯金方法サラリーマン お金持ち米国債 購入社債の購入方法老後の生活資金ワンルームマンション投資のリスク外国債券投資信託
海外株式投資消費者金融比較お金を借りる方法キャッシング即日老後のお金即日融資今すぐお金を借りる方法外貨MMF 豪ドルOL株初心者
人生を楽しむ方法サラリーマン副業ワンルームマンション投資為替動向収入を増やす方法モーニングスター配当フォーカス指数配当狙いの株式投資


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。