ヘッジファンド
  1. Top
  2. » 2009/02

スポンサーサイト

スポンサードリンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
  • ジャンル :

Man AHL Diversified plc(ADP) 他 マンインベストメンツ ファンドの2009年1月パフォーマンス

スポンサードリンク


ヘッジファンドのMan Investments(マンインベストメンツ)のMan AHL Diversified 他 ファンドの2009年1月のパフォーマンスがでているので載せておきます。

Man AHL Diversified plc(ADP) のパフォーマンスは 

----------------------------------
Last month -2.3%
----------------------------------
Last quarter 4.7%
----------------------------------
Year to date -2.3%
----------------------------------


Man AHL Diversified (Guernsey) のパフォーマンスは 

----------------------------------
Last month -2.3%
----------------------------------
Last quarter 4.2%
----------------------------------
Year to date -2.3%
----------------------------------


Man AP 2XL USD-Class C のパフォーマンスは

----------------------------------
Last month -3.4%
----------------------------------
Last quarter -11.8%
----------------------------------
Year to date -3.4%
----------------------------------


Man Arbitrage Strategies Ltd のパフォーマンスは

----------------------------------
Last month -2.2%
----------------------------------
Last quarter -13.4%
----------------------------------
Year to date -2.2%
----------------------------------


1月のMan AHL Diversified plc(ADP)は債券で大きくマイナス、エネルギーと農産物とメタルでもマイナスでした。
株、金利がプラスだったようです。

Man AP 2XL USD-Class C はグローバルマクロはよかったものの、レラティブバリュー、株式ロング&ショートが大きくマイナスだったようです。

Man Arbitrage Strategies Ltd は今月もマイナスだったようです。
レラティブバリューで大きくマイナスでした。


ちなみにWorld stocks のパフォーマンスは

-----------------------------------
Last month -7.1%
-----------------------------------
Last quarter -12.2%
-----------------------------------
Year to date -7.1%
-----------------------------------

World bonds のパフォーマンスは

-----------------------------------
Last month -1.6%
-----------------------------------
Last quarter 3.8%
-----------------------------------
Year to date -1.6%
-----------------------------------


Man AHL Diversified plc(ADP)と世界株式、世界債券との相関係数ですが、

世界株式  -0.20
世界債券   0.32
(1996年3月-2009年1月)

となっています。

スポンサードリンク
スポンサーサイト

現在の金融危機は30年代以降最悪 ソロス氏

スポンサードリンク


ジョージ・ソロス氏のコメントです。

引用開始

2月21日(ブルームバーグ):米投資家ジョージ・ソロス氏(78)は20日、経済危機の根本的な原因は1980年代の金融規制緩和にあるとの見方を示し、当時から資本主義経済を支配してきた自由市場モデルの終わりを現在の危機が示していると語った。

ソロス氏は米コロンビア大学での非公式夕食会でエコノミストや銀行関係者に対し、レーガン政権が始めた金融の自由化が一連の破たんを招き、政府介入を余儀なくさせたと述べた。また、米住宅市場の崩壊に端を発した世界的なリセッション(景気後退)は「金融システムそのものに打撃を与えた」との考えも示した。

同氏は、責任を「放棄」した点で規制当局も非難されるべき点があると指摘。
さらに、金融市場が非効率で、入手可能なあらゆる情報よりも先入観に影響を受けやすいことが証明された現在、「市場原理主義」は疑問視されているとも語った。

ソロス氏は「現在の危機は30年代以降最も深刻で、これまでの生涯で経験した他の危機とは性格が異なると思う」と話した。

引用終了

市場原理主義は疑問視されている とのことです。

スポンサードリンク

世界株式指数 世界債券指数 ヘッジファンドインデックス コモディティインデックス

スポンサードリンク


1月のヘッジファンドインデックス コモディティインデックス 世界株式指数 世界債券指数のパフォーマンスです。
ヘッジファンドの個別戦略では、Convertible Arbitrage、 Global Macro、Multi-Strategyがよかったようです。


Credit Suisse/Tremont Hedge Fund Index USD Month 1.09% YTD 1.09%

S&P 500 USD Month -8.43% YTD -8.43%

Goldman Sachs Commodities Index USD Month -8.94% YTD -8.94%

Citigroup World Government Bond Index USD Month -4.34% YTD -4.34%

Dow Jones World Index USD Month -8.51% YTD -8.51%

Dow Jones World Emerging Index USD Month -5.92% YTD -5.92%



マネージド・フューチャーズ・ファンド連動ファンド


スポンサードリンク

米景気対策、不十分の恐れ グリーンスパン氏

スポンサードリンク


グリーンスパン氏が、金融システムの修復と景気回復の支援を目指す米政府の対策の規模は不十分な恐れがあるとの見方を示したみたいです。

引用開始

2月17日(ブルームバーグ):グリーンスパン氏は講演で、米政府が金融システムを修復できなければ、景気刺激策によるプラスの効果は打ち消されるだろうと警告。「1990年代の日本の経験にかんがみて、わが国は大規模な財政出動を始める前に金融システムの回復を確実にする必要がある」と指摘した。

金融安定化プログラム

オバマ政権は先週、7000億ドルの金融安定化法に基づく資金枠の残りを活用した金融支援策を打ち出した。
グリーンスパン氏はそれでは十分でないとみている。
同氏は「金融システムを安定化させ、正常な与信を回復するには追加資金が必要になるだろう」と予想した。

グリーンスパン氏は銀行の資本増強の重要性を強調し、16日のインタビューでは、「銀行は保有する資本の水準に満足しない限り融資を増やすことはないだろう」との見方を示した。ただ、「それは当面実現しそうにない」と付け加えた。

引用終了


金融システムを修復できなければ、景気刺激策によるプラスの効果は打ち消される
銀行は保有する資本の水準に満足しない限り融資を増やすことはない
それは当面実現しそうにない
とのことですが、まだまだ当面、回復しませんよという世界中の投資家へのメッセージでしょうか。




スポンサードリンク

米国株式相場は上昇する態勢が整っている?

スポンサードリンク


米国株式相場やリセッションについてです。

引用開始

2月18日(ブルームバーグ):元モルガン・スタンレーのストラテジストで、ヘッジファンドのトラキス・パートナーズのマネジング・パートナー、バートン・ビッグス氏は18日、経済指標が改善し始めているため、米国株式相場は上昇する態勢が整っているとの見方を示した。

ビッグス氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「市場は過度に弱気になっており、相場は大きく反発する態勢が整っている」と指摘し、「底固めの過程にある」と語った。
同氏は1月8日に株価上昇を予想し、その2日後にS&P500種株価指数は今年の最高値を付けた。

1月の米供給管理協会(ISM)製造業景況指数はブルームバーグがまとめたアナリスト予想を上回った。
これについてビッグス氏は、同指数は好転し始めていると指摘し、リセッション(景気後退)の最悪期は過ぎた可能性があると分析した。

同氏はまた、投資家によるヘッジファンドからの資金引き揚げが続くとの見方も示した。「一般投資家や機関投資家は深い痛手を負い、株式投資に消極的になっている」と述べ、ヘッジファンドは「相当の期間にわたって解約モードが続く」と予想した。

引用終了

彼の言うように、リセッションの最悪期が過ぎていればいいですね。


スポンサードリンク

========================================================
<PR>
配当金がザクザク増える配当成長銘柄の選び方
米国株の高配当・連続増配銘柄に投資するには米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは
J-REIT老後資金の貯め方マンション購入注意点外国為替動向米国株高配当銘柄
不動産投資外国債券投資お金の増やし方機関投資家 運用資産規模
米国株高配当銘柄&連続増配銘柄米国株おすすめ銘柄60代資産運用70代資産運用
========================================================

証券会社が売りたがらない米国債を買え!証券会社が売りたがらない米国債を買え!
(2011/08/26)
林 敬一

商品詳細を見る


ウォールストリート・ジャーナル式 経済指標 読み方のルールウォールストリート・ジャーナル式 経済指標 読み方のルール
(2012/02/22)
サイモン・コンスタブル、ロバート・E・ライト 他

商品詳細を見る

資産を築く配当成長
スポンサードリンク
categories
スポンサー
recent entries
スポンサー
LINKs

このブログをリンクに追加する

recent comments
recent track_backs
ブログ内検索
スポンサー

profile

Millefeuille

Author:Millefeuille
東京でビジネスマンしています。
30代後半ですが、さわやかなオッサンを目指してます。
投資の目的は経済的自由&リスクヘッジのため。
オフショアファンド、ヘッジファンド、ETFなどの海外ファンド国際分散投資で資産形成を目論んでいます。

BLOG ranking


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

海外投資

配当成長株投資セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド米国株おすすめ銘柄60代資産運用70代資産運用米国株高配当銘柄
住宅ローン外貨MMFキャッシング転職オーストラリアドル為替教育資金を軽くする
住宅ローンの常識生命保険東京メトロ To Me CARD 申込みマンショ ン購入 注意点住宅ローン 銀行保険リストラからの再就職
リストラ対策1億円貯める方法医療保険の選び方新生銀行住宅ローン何度も何度も確認中国株式投資
シティバンクヘッジファンド米国株式購入方法高配当株式銘柄生活必需品株式銘柄投資信託 選び方
外国株式投資クリーンエネルギー老後資金の貯め方株 入門米国株の魅力債務整理マンションニュース学費の家計負担を軽くするワンルームマンション投資
株式投資 インデックスお金を増やす方法外国為替の動向外国株式インデックス株式投資儲からない長期投資 銘柄米国債 購入中学生テスト勉強方法
米国株 高配当資産運用 初心者老後 貯蓄老後資金運用新興国投資
米国債券投資ワンルームマンション投資 成功老後の資金J-REIT ETF転職エステ効果中古ワンルームマンション投資米国株 銘柄
投資 銘柄教育資金 貯め方海外ファンド投資高利回り 投資信託国債暴落 対策老後資金 貯め方米国株 買い方外国株 購入老後 貯蓄
OL 貯金方法サラリーマン お金持ち米国債 購入社債の購入方法老後の生活資金ワンルームマンション投資のリスク外国債券投資信託
海外株式投資消費者金融比較お金を借りる方法キャッシング即日老後のお金即日融資今すぐお金を借りる方法外貨MMF 豪ドルOL株初心者
人生を楽しむ方法サラリーマン副業ワンルームマンション投資為替動向収入を増やす方法モーニングスター配当フォーカス指数配当狙いの株式投資


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。