ヘッジファンド
  1. Top
  2. » 2008/08

スポンサーサイト

スポンサードリンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
  • ジャンル :

コモディティインデックス ヘッジファンドインデックス S&P 500 他 マーケット概況

スポンサードリンク


7月はコモディティ相場が調整に入り、大きく下げましたね。
コモディティインデックスのGoldman Sachs Commodities Index も -12.24%でした。
ヘッジファンドの戦略では、 Dedicated Short Bias 以外すべての戦略で下げていたようです。
特にトレンドの転換があり、Managed Futures(マネージド・フューチャーズ)戦略が大きく下げていました。


Monthly Performance Jul 2008

Credit Suisse/Tremont Hedge Fund Index USD Month -2.61% YTD -2.11%

S&P 500 USD Month -0.84% YTD -12.65%

Goldman Sachs Commodities Index USD Month -12.24% YTD 24.13%

Citigroup World Government Bond Index USD Month 0.21% YTD 5.25%

Dow Jones World Index USD Month -2.63% YTD -13.64%

Dow Jones World Emerging Index USD Month -4.41% YTD -11.45%


スポンサードリンク
スポンサーサイト

マンAHLダイバーシファイドファンドの運用成績が下落するとき・・そして勝率は

スポンサードリンク


マンAHLダイバーシファイドファンド(ヘッジファンドのマンインベストメンツの旗艦ファンド)関連ニュースです。  ブルームバーグ


引用開始

ヘッジファンドの英マン:旗艦ファンドの運用成績、5週ぶりプラスに

株式公開しているヘッジファンド運用会社としては世界最大手の英マン・グループは、同社の旗艦ファンドの運用成績が5週間ぶりにプラスに転じたことを明らかにした。同ファンドは過去1年間で最長の下落となっていた。

19日に発表された文書によると、マンの旗艦ファンド「マンAHLダイバーシファイド・フューチャーズ」の運用成績は18日終了週にプラス0.08%となった。
先物市場で電子取引を行う同ファンドの純資産価値(NAV)は、前回プラスとなった7月14日終了週時点の39.01ドルから7.8%低下している。

原油やトウモロコシなどの商品相場が過去最高水準から下落したことから、ロイター・ジェフリーズCRB指数は、7月に過去28年で最大の下落率を示した。
このため、AHLなどの商品投資アドバイザーは困難な状況に陥っている。
AHLが下落を始めた7月21日以降、マン・グループの時価総額のほぼ 20%が失われている。

スチュアート・マクドネル氏ら米シティグループのアナリストらは顧客向け文書で「マン・グループの旗艦ファンドであるAHLの運用成績の低迷が同社の株価を脅かしている」とし、12月に期日を迎えるマンのプット・オプションを売却するよう推奨している。
ただ、「当社の分析では、AHLの運用成績の現時点での悪化が長期的な影響を及ぼす可能性は低い」との見方を示した。

引用終了  http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=newsarchive&sid=acM9z4_rPdvM


マンAHLダイバーシファイドプログラムはトレンドフォロー戦略なので、エネルギー、株、債券、通貨などのアセットクラスが総じて不安定な値動きをしているときは利益をあげられません。
上昇トレンドでも下降トレンドでもトレンドさえでていれば利益がだせるプログラムです。
トレンドフォロー型プログラム売買の基本的なスタンスは、「前の高値を上回ったら買い、前の安値を下回ったら売り」です。
勝率でいえば2勝1敗1分といわれています。
マンAHLダイバーシファイドプログラムのように、動きの異なるマーケットに分散して長期間の投資になれば、限りなく2勝1敗1分に近づくのではないでしょうか。


関連記事

Man AHL Diversified Program(AHLダイバーシファイド・プログラム)


スポンサードリンク

中国コモディティ(商品)需要 来四半期回復

スポンサードリンク


中国のコモディティ(商品)需要についてのニュース記事がありました。 (ブルームバーグ)

引用開始

ゴールドマン・サックスJBウェアは、世界最大の金属消費国である中国の商品需要が来四半期に回復するとの見通しを示し、投資家は鉱山株の一角を購入すべきだと指摘した。

同社のアナリスト、マルコム・サウスウッド氏は中国株について、投資家は最近の売り局面で同国の経済成長率が8%にとどまるという「最悪」のシナリオを十分に織り込んだと指摘。
具体的な銘柄を挙げずに、今買えば「報われる」との見通しを示した。

中国の成長率は、輸出が鈍化し4四半期連続で低下。
商品需要の鈍化懸念を受け、商品相場の指標であるロイター・ジェフリーズCRB指数は7月に10%低下した。
過去6年間の商品相場上昇の背景には、主要経済国で成長率が最も高い中国の需要があった。

ゴールドマンは、今後1年間は石炭、原油、銅の需給が逼迫(ひっぱく)すると予想。サウスウッド氏は「非常に割安になった」多角経営の鉱山会社の株式購入を推奨している。

引用終了  http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=newsarchive&sid=aqx0qpJn7wbc

鉱山株・資源株・素材株ETFといえば
S&P Global Materials Sector ndex Fund (MXI)
ですかね。

スポンサードリンク

GSCIコモディティインデックス 弱気相場入り

スポンサードリンク


コモディティ関連ニュースです。

引用開始

世界の経済成長鈍化の兆しが示されるなか、 11日の原油、金、銀相場は下落し、商品24銘柄で構成するスタンダード・アンド・プアーズのゴールドマン・サックス商品指数(S&P GSCI商品指数)が弱気相場に入った。

S&P GSCI商品指数は同日、一時、前週末比1.2%安の695.444まで下げ、7月3日に付けた過去最高水準の893.859と比較して21%低い水準となり、弱気相場入りした。200日移動平均の697.1652も下回った。

米国のガソリン需要の後退などにより、原油相場は7月11日に付けた最高値147.27ドルを22%下回る水準まで下落。
金相場は最高値に達した3月以降、 20%下げている。
トウモロコシ、大豆、小麦、銅も今年付けた最高値から下落し、弱気相場に入っている。

モルガン・アセット・マネジメント(アラバマ州)で300億ドル(約3兆 3000億円)相当の資産運用に携わるウォルター・ヘルウィグ氏は「投資家らは経済成長の鈍化をかなり織り込んでいる」と指摘。
「商品需要に対する懸念は非常に大きく、相場はテクニカル分析上の支持線も下回ってきている」との見方を示した。

S&P GSCI商品指数は上期(1-6月)に41%高騰した。
資産規模 35億ドルのヘッジファンド、トーラジ・キャピタル・マネジメント(ニューヨーク)の設立者、ポール・トーラジ氏は3月時点で、株式とドルの相場下落を背景とした投資家による「行き過ぎた買い」が商品相場の高騰につながっているとの見方を示していた。

S&P GSCI商品指数は年初来では依然、15%上昇している。
同指数の年間リターン(投資収益率)は、06年にマイナス15%と、01年以降で初めてマイナスに転じた。07年はプラス33%だった。

引用終了  http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=newsarchive&sid=atbLKn8NBiBs


一旦弱気相場になっていますが、ジム・ロジャーズの言うとおり、この先まだコモディティ相場はあがるのでしょうか。


関連記事

コモディティ相場について ジム・ロジャーズ氏の見解

原油相場の上昇は正当?それともバブル? いろいろな人の見解

ロジャーズ氏 原油の強気相場、今後数年間は続く

中国株投資 米ドルと米国株 そして原油相場 ジム・ロジャーズ氏の見解

スポンサードリンク

ヘッジファンドとは

スポンサードリンク


ヘッジファンド(hedge fund)の正確な定義は難しいが、公募によって一般から広く小口の資金を集めて大規模なファンドを形成することを目指す通常の投資信託と異なり、通常は私募によって機関投資家や富裕層等から私的に大規模な資金を集め、金融派生商品等を活用した様々な手法で運用するファンドのことを指す。代替投資の一つ。

投資の最低額が、日本円で1億円以上と高額である場合が多く、ヘッジファンドの参加者はアメリカで99人以下、日本でも49人以下(証券取引法で規定する少人数私募の場合の勧誘数上限。
適格機関投資家向け私募投信の場合は、人数制限はない)と少人数に限られる。

募集金額にあらかじめ上限が設定されていることなどから(理由は後述)、資産規模は一般の大型投資信託に比べてあまり大きくはない。
一般の投資信託は、投資対象や投資手法などが規制され、情報の開示などが義務付けられているが、ヘッジファンドは一般的に私募による投資信託であるため、同様の規制は受けず自由な運用が可能となっている(当然、四半期や月次ベースでの投資家に対するリポーティングは行われる)。
ヘッジファンドはその投資戦略にもよるが、空売りを積極的に利用するものや、金融派生商品へ投資するものも多い。
公募の投資信託は機関投資家のみならず、投資に明るくない個人も投資していることから、投資家保護のため、公募型投資信託の運用には様々な法規制がなされており、多くの国では空売りや金融派生商品への投資等に制限がかけられている。このため、多くのヘッジファンドは、公募ではなく私募形式を採用している。

ほとんどのヘッジファンドは絶対的収益の追求を目標としている。
「絶対的収益の追求」とは、投資信託等の伝統的な運用形態のほとんどが、TOPIXやS&P 500等のベンチマークを上回る運用成績を目標としているのに対する言葉である。
例えば、不況期の下げ相場の環境では、伝統的資産運用ではマイナス20%の運用実績でも、同じ期間のベンチマークのパフォーマンスがマイナス25%であれば5%ベンチマークをアウトパフォームしたと言い、マイナスの運用実績でも「良好」な運用成績とされる。こうした伝統的な運用形態のパフォーマンス計測に対し、ヘッジファンドは究極的には、不況等のいかなる環境下でもプラスの運用実績を目指すことを目標としている。

また、一部ではケイマン諸島やブリティッシュバージン諸島等のいわゆるオフショア地域に書類上の本籍を置く一方、運用担当者は東京、ニューヨーク、香港、ロンドン等の金融センターにいることがある(米国のヘッジファンドはニューヨーク近郊のコネチカット州グリニッジにも相当の集積が見られる)。
その理由としては法規制が厳しくない地域での運用を求める場合もあるが、実際には海外の投資家向けにアクセスを提供することを目的としているケースが多い(ヘッジファンドに限らず一般の投資信託においても、オフショア地域にファンドの籍を置くケースは多い)。これは海外の投資家からみた場合、オフショア以外の地域に籍をおくファンドではファンド自体で課される税金に加え、投資家の居住国でも課税され、かつ控除が認められない場合が多く、海外の投資家にとっては二重課税となってしまい税務上不利となるためである。ちなみにアメリカのヘッジファンドの大半は、アメリカに籍を置きアメリカで運用をし、かつアメリカの投資家のみにアクセスを提供している。

ヘッジファンドへの投資家は年金基金や退職金基金、銀行、投資顧問等の機関投資家が中心である。
日本の年金基金もヘッジファンドをポートフォリオに組み込む動きを強めているが、ヘッジファンドのデューディリジェンスの能力を単独で持ち得る年金基金はあまりないことから、ゲートキーパーと呼ばれるヘッジファンド専門の投資顧問の運用するファンド・オブ・ヘッジファンズ(Fund of Hedge Funds、FoHF)への投資という形態をとっている場合が多い。FoHFは1つのファンドに投資するだけで様々な運用戦略のヘッジファンドへ分散投資する効果が得られる他、有力FoHFの場合は後述の投資家層を非常に絞っており、投資が容易でない人気ファンドへのアクセスを売りにし、単独では投資できないファンドに間接的に投資出来るという効果もある。
一方で、FoHFの投資先である個別ファンドとFoHFへ二重に信託報酬を支払うことにもなり、昨今のヘッジファンドの平均リターンがようやくプラスという状況では、信託報酬の分、最終投資家へのリターンが相当圧迫されることになる。

運用成績のいい一部の著名なヘッジファンドはヘッジファンドの側が投資家を選別するという行動を取ることが珍しくなく、新参や一見にはいくら資金があっても投資できないということもある。
ヘッジファンドの側が投資家を選別する理由の一部は、ファンド規模に制約を設けるためである。例えば小型株に特化したヘッジファンドの場合、ファンドの規模を流れに任せて拡大させていくと、小型株の流動性の少なさから、自らの投資行動が相場の攪乱要因となり想定したパフォーマンスが出せなくなることを回避しなければならない。

一般の投資信託は空売りが出来ないため、下げ相場では買持ちしている資産の価値が低下し、運用利回りがマイナスとなる場合が多い。
空売りを積極的に利用できるヘッジファンドの場合は、上げ相場でも下げ相場でも利益を上げる機会があり、実際に下げ相場を得意とするヘッジファンドもある。

リスクヘッジのために開発された各種の金融派生商品(デリバティブ)を駆使して投機的に高い運用利益を上げようとする投資手法をとる場合もある。デリバティブは原資産の将来の値動きに対するリスクヘッジ手段として開発された物が多く、一般的なデリバティブ取引では満期日における原資産の価格と、デリバティブ契約上の取り決め価格との差額分だけを決済する。
このため原資産取引でいう”元本”部分を準備する必要はなく、低額な証拠金(通常は原資産取引元本の3%~10%程度)を準備するだけで、原資産取引と同規模の取引が可能となっている。
このため、実際の投下資金に対しての運用利回りは原資産取引に比べると10倍~30倍程度も高くなる(レバレッジ)。この様なケースでは、利益だけでなく損失も同様に10~30倍となり、ハイリスク・ハイリターンな取引となる。

但し、かつてのLTCMの様に、デリバティブのレバレッジ特性を最大限に活用した超レバレッジ型のヘッジファンドはもはや一般的ではない(大半のヘッジファンドではデリバティブを機動的なリスク管理や、高い流動性を維持しながらの現物資産への連動性確保等に使っている)。
これは大半のヘッジファンドには主な取引執行相手となるプライムブローカーが存在し、そのプライムブローカー側がLTCMの崩壊以後、ヘッジファンド側のレバレッジ上限を規制する等リスク管理を強化する様になったことにも拠る。

by Wikipedia
スポンサードリンク

========================================================
<PR>
配当金がザクザク増える配当成長銘柄の選び方
米国株の高配当・連続増配銘柄に投資するには米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは
J-REIT老後資金の貯め方マンション購入注意点外国為替動向米国株高配当銘柄
不動産投資外国債券投資お金の増やし方機関投資家 運用資産規模
米国株高配当銘柄&連続増配銘柄米国株おすすめ銘柄60代資産運用70代資産運用
========================================================

証券会社が売りたがらない米国債を買え!証券会社が売りたがらない米国債を買え!
(2011/08/26)
林 敬一

商品詳細を見る


ウォールストリート・ジャーナル式 経済指標 読み方のルールウォールストリート・ジャーナル式 経済指標 読み方のルール
(2012/02/22)
サイモン・コンスタブル、ロバート・E・ライト 他

商品詳細を見る

資産を築く配当成長
スポンサードリンク
categories
スポンサー
recent entries
スポンサー
LINKs

このブログをリンクに追加する

recent comments
recent track_backs
ブログ内検索
スポンサー

profile

Millefeuille

Author:Millefeuille
東京でビジネスマンしています。
30代後半ですが、さわやかなオッサンを目指してます。
投資の目的は経済的自由&リスクヘッジのため。
オフショアファンド、ヘッジファンド、ETFなどの海外ファンド国際分散投資で資産形成を目論んでいます。

BLOG ranking


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

海外投資

配当成長株投資セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド米国株おすすめ銘柄60代資産運用70代資産運用米国株高配当銘柄
住宅ローン外貨MMFキャッシング転職オーストラリアドル為替教育資金を軽くする
住宅ローンの常識生命保険東京メトロ To Me CARD 申込みマンショ ン購入 注意点住宅ローン 銀行保険リストラからの再就職
リストラ対策1億円貯める方法医療保険の選び方新生銀行住宅ローン何度も何度も確認中国株式投資
シティバンクヘッジファンド米国株式購入方法高配当株式銘柄生活必需品株式銘柄投資信託 選び方
外国株式投資クリーンエネルギー老後資金の貯め方株 入門米国株の魅力債務整理マンションニュース学費の家計負担を軽くするワンルームマンション投資
株式投資 インデックスお金を増やす方法外国為替の動向外国株式インデックス株式投資儲からない長期投資 銘柄米国債 購入中学生テスト勉強方法
米国株 高配当資産運用 初心者老後 貯蓄老後資金運用新興国投資
米国債券投資ワンルームマンション投資 成功老後の資金J-REIT ETF転職エステ効果中古ワンルームマンション投資米国株 銘柄
投資 銘柄教育資金 貯め方海外ファンド投資高利回り 投資信託国債暴落 対策老後資金 貯め方米国株 買い方外国株 購入老後 貯蓄
OL 貯金方法サラリーマン お金持ち米国債 購入社債の購入方法老後の生活資金ワンルームマンション投資のリスク外国債券投資信託
海外株式投資消費者金融比較お金を借りる方法キャッシング即日老後のお金即日融資今すぐお金を借りる方法外貨MMF 豪ドルOL株初心者
人生を楽しむ方法サラリーマン副業ワンルームマンション投資為替動向収入を増やす方法モーニングスター配当フォーカス指数配当狙いの株式投資


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。