ヘッジファンド
  1. Top
  2. » 2008/06

中国株投資 米ドルと米国株 そして原油相場 ジム・ロジャーズ氏の見解

スポンサードリンク


ブルームバーグに「ジム・ロジャーズ氏:中国株投資を断念するな-原油は一段と上昇へ」という記事がありました。


引用開始

6月28日(ブルームバーグ):投資家ジム・ロジャーズ氏は28日、南京での投資家会合で、年初からほぼ50%下げた中国株への投資を「断念する」べきではないと語った。
同氏は原油相場の1バレル当たり100ドルと金相場の1オンス当たり1000ドルの到達を2006年4月に正確に予想したことで有名。

ロジャーズ氏(65)は「他人が『絶対に再び手を出すな』という時こそ、買い入れを開始するべきだ」と述べ、中国株投資による「利益は多大だ」と予想した。

中国の株式指標であるCSI300指数は昨年10月16日に付けた過去最高値から52%下落。
同国政府によるインフレ抑制策が企業業績に響くとの懸念が背景だ。
ロジャーズ氏は中国株の購入を1999年に開始したが、これまでに一切売却していないと説明。
その上で、現在の相場調整について、「市場とはそのように動くものだ」と語った。

ロジャーズ氏はさらに「現在のような時にこそ、投資すべきだ。私は再び買い入れることを考え始めている。今世紀の残りは中国に投資していく」と述べた。

原油はさらに上昇へ

またロジャーズ氏は、投資家は「商品相場について学ぶべきだ」と語り、27 日に過去最高値を更新したニューヨーク原油先物相場はさらに上昇すると予想。
「誰かがアクセス可能な地域で非常に素早く主要な油田を見つけない限り」原油相場は上がり続けると述べた。

米ドルについて、ロジャーズ氏は投資回避を投資家に勧めた。
また、米国株は「下落していく」とも予想し、サブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン危機が「数年続く」米国は「第二次世界大戦後で最悪のリセッション(景気後退)にあるかもしれない」との認識を示した。

引用終了  http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=newsarchive&sid=aEXYF89EPszc


長期的視点であれば、やはり中国株への投資はするべきでしょうか。
米国のリセッションについては悲観的なコメントですね。
原油相場については、さらに上昇するとのことですね。


中国株関連ETF

EEM iShares MSCI EMERGING MKT

FXI iShares FTSE/Xinhua CHINA 25 Index

02800 Tracker Fund of Hong Kong

02801 iSHARES MSCI CHINA TRACKER

02823 iSHARES FTSE/XINHUA A50 CHINA TRACKER

02828 HANG SENG H-SHARE INDEX ETF


これらのETFは楽天証券で購入できます。
グローバル投資なら楽天証券。海外ETFの取扱い銘柄数はネット証券No1!

スポンサードリンク

ニュージーランド経済 リセッション入りの公算?

スポンサードリンク


ブルームバーグより、ニュージーランド関連のニュース記事です。


引用開始

NZ経済はリセッション入りの公算も-ゴールドマンのエーカブ氏

6月27日(ブルームバーグ):ゴールドマン・サックス・JBWereのエコノミスト、シャムビール・エーカブ氏は27日、同日発表されたニュージーランド(NZ)の2008年1-3月(第1四半期)国内総生産(GDP)が前期比0.3%減となったことについて、以下のように語った。
減少率はブルームバーグ・ニュースが13人のエコノミストを対象にまとめた調査の中央値 と合致した。


「GDP成長率の数字だけでは、明らかに経済全体に広がっている弱さを正しく伝えていない。統計の詳細を見ると、現在の極めて引き締め気味の金融政策が適切でないことをあらためて示す内容となっている」

「最終需要は、家計と建設部門を中心に、明らかに弱い」

「成長率と現在までに発表されている一部統計を合わせて考慮すると、2四半期連続のマイナス成長となるリスクは極めて高い」

「利下げに対する障害は低下してきている。当社では利下げは9月に始まると予想しているが、NZ経済がリセッション(景気後退)入りするなか、7月実施の可能性も否定できない」

http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=newsarchive&sid=ac_jzWVlPUpg


1-3月期ニュージーランドGDP:前期比0.3%減-NZドル下落

6月27日(ブルームバーグ):ニュージーランド(NZ)統計局が27日発表した2008年1-3月(第1四半期)国内総生産(GDP)は前期比0.3%減とマイナス成長になった。前年同期比では1.9%増加した。

信用コスト上昇が内需を圧迫し、干ばつが輸出の妨げとなるなか、NZ経済はリセッション(景気後退)に一歩近づいた。ブルームバーグ・ニュースがエコノミスト13人を対象にまとめた予想中央値でも、第1四半期は前期比 0.3%減と見込まれていた。
また、4-6月期(第2四半期)については、エコノミスト13人中7人が「マイナス成長」と予想しており、1998年以来のリセッション入りの可能性がある。

07年10-12月(第4四半期)は前期比0.8%増(改定値)だった。

バンク・オブ・ニュージーランド(BNZ)のシニア・マーケッツ・アナリスト、クレーグ・エバート氏は「今回の数値は経済成長の小休止ではなく、長期の経済調整の始まりだ」と指摘。
「成長か、それに届かないかが、NZ準備銀行の方針を左右しそうだ」と述べた。
NZ準備銀のボラード総裁は6月5日、リセッションの可能性を排除できないとの認識を示しており、3カ月以内に政策金利(現行は年8.25%)の引き下げに動くとみられている。

外国為替市場では、GDP発表後にNZドルが下落。ウェリントン時間午前10時50分(日本時間同7時50分)時点で1NZドル=0.7537米ドルと、発表直前の同0.7552米ドルを下回っている。

http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=newsarchive&sid=aTvr_ThsTHho
引用終了


高金利(現在の政策金利は8.25%)の資源国ニュージーランド
ニュージーランドに国外から入ってくるお金の大半は日本からのものだと聞いたことがあります。
取引量の小さい通貨は、僅かな環境の変化でも大きく上下動する可能性があるので注意が必要ですね。
2000年に1NZドル40円代だったことも忘れてはいけませんね。

スポンサードリンク

Vanguard Total World Stock ETF(VT) ニュヨーク証券取引所Arcaに上場

スポンサードリンク


米ヴァンガードから世界株価指数に連動するETF Vanguard Total World Stock ETF(VT) がニュヨーク証券取引所Arcaに上場したようです。
http://www.nyse.com/press/1214476664058.html


Vanguard Total World Stock ETF(VT) 管理報酬は0.25%


ヘッジファンドクルークより

引用開始

米大手投資信託会社ヴァンガードは、世界47ヵ国、中・大型株2,900銘柄で構成された「FTSE All-World Index」のパフォーマンスと同等水準の投資成果を目指す「Vanguard Total World Stock ETF(VT) 」をニュヨーク証券取引所Arcaに上場した。

ヴァンガードのガス・ソーターCIO(最高投資責任者)は「今回上場したVTは、ヴァンガードにとって世界の株式市場に低コストで投資する機会を提供する初のETFとなった」と語っている。また、幅広い国に投資されていることから、分散効果が高い理想的な基金用のファンドとして新たな提供ができる、と指摘している。

VTの管理報酬は0.25%と他社の同様のETFと比較して1/3から半分程度に抑えられている。26日時点での基準価額は48.98ドルとなっている。

引用終了  http://www.hf-klug.jp/mfnews/mfoverseas/mfoverseas002361.html


他のブログでも記事の中で取り上げています。

梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-782.html

医師による医師・小金持ちのための資産運用・活用法
http://einthoven.blog49.fc2.com/blog-entry-344.html

スポンサードリンク

シティグループ メリルリンチ ゴールドマン・サックス・グループ 金融セクター(Financials Sector)の今後は?

スポンサードリンク


ブルームバーグに「米シティとメリル:アナリストが業績予想引き下げ-追加評価損を予想」と言う「記事がありました。

引用開始

6月26日(ブルームバーグ):ゴールドマン・サックス・グループとサンフォード・C・バーンスティーンのアナリストは、米銀大手シティグループと米証券大手メリルリンチの2008年4-6月(第2四半期)の業績予想を下方修正した。
追加評価損の見通しが理由。

ゴールドマンのアナリスト、ウィリアム・タノナ氏は25日遅くに発表したリポートで、シティが保有資産の評価額を89億ドル(約9600億円)引き下げ、第2四半期が赤字になるとの予想を示した。
サンフォードのアナリスト、ブラッド・ヒンツ氏は26日、メリルの第2四半期業績予想を1株当たり93セントの赤字と、従来の同82セントの黒字から下方修正した。

タノナ氏は「事業環境が2008年7-12月(下期)に改善に転じるとみていたが、予想通りとはならない可能性が出てきた」とし、シティには「さまざまな逆風が吹いている」と指摘した。

ゴールドマンはシティの第2四半期業績予想を1株当たり75セントの赤字(従来予想は同25セントの黒字)に引き下げた。
メリルについては1株当たり2ドルの赤字(同25セントの黒字)に下方修正した。

ゴールドマンはまた、米国の証券業界の投資判断を「ニュートラル」に下げた。従来は「アトラクティブ」としていた。
業界の環境悪化のペースが当初の予想よりもはるかに激しいと説明した。
タノナ氏は「向こう数カ月に証券株を大幅に上昇させるきっかけとなるような要素を探そうとしても難しい」と記している。

見通しは暗い

ゴールドマンはシティが債務担保証券(CDO)と関連のヘッジで71億ドル、その他の資産で12億ドルの評価損を計上するとの見積もりを示した。
さらに、自社の仕組み債に絡む評価額見直しで6億ドルの損失が出ると試算している。タノナ氏はシティの向こう6カ月の目標株価を16ドルに引き下げるとともに、同銘柄を「コンビクション・セル・リスト」に加えた。

サンフォードのヒンツ氏は「証券会社の業績についての見通しは暗い」として、「利益率の高い投資銀行業務は循環的な減速期に入った」と指摘した。

ゴールドマンはリポートで、シティは現在の配当水準(利回り7%)を維持できない公算や、追加増資が必要となる可能性を指摘した。配当を半分にすることで年間35億ドルの資本を温存できるとの概算も示した。
「シティの現在の収益力を見ると、配当が安全だとは思われない」とし、「一段の資本増強は普通株の発行、減配、さらなる資産売却の組み合わせという形になるだろう」としている。

さらに、シティはレバレッジド(高リスク・高利回り)融資と商業用不動産融資担保証券(CMBS)に関するヘッジによるリスクがメリルリンチやJPモルガンに比べて大きく、損失がより大きくなる可能性が高いと説明した。

UBSとメリルもシティの追加評価損を予想している。メリルのアナリスト、ガイ・モスコウスキー氏は今週、シティの今年の追加評価損を80億ドルと予想した。
UBSのグレン・ショアー氏は20日、4-6月期に87億ドルの評価損との見通しを示した。

また、ワコビアはゴールドマンの投資判断を「マーケットパフォーム」(従来は「アウトパフォーム」)に引き下げた。
ワコビアのアナリスト、ダグラス・シプキン氏は大規模な資本調達案件の減少やヘッジファンド向けサービスのプライムブローカー業務の減速などの見通しを理由に挙げた。
同氏は3月18日に投資判断を「アウトパフォーム」に引き上げていた。

引用終了  http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=newsarchive&sid=aM0arcCv9TXg


また こちらのブログにもアメリカの金融株についての記事がありました。

おかねのこねた : ”賢く、楽しく、飲茶的な投資”
( アメリカの金融株を振り返ってみた)



金融セクター株はどこまで下がるのでしょうか。そして買い時は?

海外ETFの
iShares S&P Global Financials Sector Index Fund (IXG)
も2007年6月の最高値から35%も下がっていますね。

スポンサードリンク

最近のREIT市場 世界のREIT市場は最悪期脱したのか

スポンサードリンク


ブルームバーグに ラサール・インベストメント:「世界のREIT市場は最悪期脱した」 という記事がありました。

引用開始

6月19日(ブルームバーグ):世界有数の不動産投資顧問会社ラサール・インベストメント・マネージメントの不動産証券運用部門、ラサール・インベストメント・マネージメント(セキュリティーズ)のアジア太平洋地域CEOである トッド・A・カンター氏は19日、都内で開催した世界のREIT(不動産投資信託)市場についての記者説明会で「グローバルなREIT市場は、最悪期は脱した」との見方を示した。

同氏は「不動産のファンダメンタルズは堅調に推移している。REIT市場の現在の水準は不動産の純資産価値(NAV)に対し、大幅な割安となっている」と指摘した。

引用終了  http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=newsarchive&sid=aLTYs5qULfQw


インフレ懸念利上げ観測などありますが、世界のREIT市場は年末くらいには上昇してくるのでしょうか。

スポンサードリンク

========================================================
<PR>
配当金がザクザク増える配当成長銘柄の選び方
米国株の高配当・連続増配銘柄に投資するには米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは
J-REIT老後資金の貯め方マンション購入注意点外国為替動向米国株高配当銘柄
不動産投資外国債券投資お金の増やし方機関投資家 運用資産規模
米国株高配当銘柄&連続増配銘柄米国株おすすめ銘柄60代資産運用70代資産運用
========================================================

証券会社が売りたがらない米国債を買え!証券会社が売りたがらない米国債を買え!
(2011/08/26)
林 敬一

商品詳細を見る


ウォールストリート・ジャーナル式 経済指標 読み方のルールウォールストリート・ジャーナル式 経済指標 読み方のルール
(2012/02/22)
サイモン・コンスタブル、ロバート・E・ライト 他

商品詳細を見る

資産を築く配当成長
categories
recent entries
LINKs

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索
BLOG ranking


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

海外投資

配当成長株投資セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド米国株おすすめ銘柄60代資産運用70代資産運用米国株高配当銘柄
住宅ローン外貨MMFキャッシング転職オーストラリアドル為替教育資金を軽くする
住宅ローンの常識生命保険東京メトロ To Me CARD 申込みマンショ ン購入 注意点住宅ローン 銀行保険リストラからの再就職
リストラ対策1億円貯める方法医療保険の選び方新生銀行住宅ローン何度も何度も確認中国株式投資
シティバンクヘッジファンド米国株式購入方法高配当株式銘柄生活必需品株式銘柄投資信託 選び方
外国株式投資クリーンエネルギー老後資金の貯め方株 入門米国株の魅力債務整理マンションニュース学費の家計負担を軽くするワンルームマンション投資
株式投資 インデックスお金を増やす方法外国為替の動向外国株式インデックス株式投資儲からない長期投資 銘柄米国債 購入中学生テスト勉強方法
米国株 高配当資産運用 初心者老後 貯蓄老後資金運用新興国投資
米国債券投資ワンルームマンション投資 成功老後の資金J-REIT ETF転職エステ効果中古ワンルームマンション投資米国株 銘柄
投資 銘柄教育資金 貯め方海外ファンド投資高利回り 投資信託国債暴落 対策老後資金 貯め方米国株 買い方外国株 購入老後 貯蓄
OL 貯金方法サラリーマン お金持ち米国債 購入社債の購入方法老後の生活資金ワンルームマンション投資のリスク外国債券投資信託
海外株式投資消費者金融比較お金を借りる方法キャッシング即日老後のお金即日融資今すぐお金を借りる方法外貨MMF 豪ドルOL株初心者
人生を楽しむ方法サラリーマン副業ワンルームマンション投資為替動向収入を増やす方法モーニングスター配当フォーカス指数配当狙いの株式投資