ヘッジファンド
  1. Top
  2. » 2008/05

スポンサーサイト

スポンサードリンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
  • ジャンル :

ヘッジファンドの英マン08年3月通期、60%増益 配当を倍増

スポンサードリンク


ブルームバーグに上場ヘッジファンド運用会社の英マン・グループについての記事がありました。

引用開始

5月29日(ブルームバーグ):上場ヘッジファンド運用会社として世界最大手、英マン・グループが29日発表した2008年3月期の通期決算は、税引き前利益が前年度比60%増となった。
旗艦ファンドの運用成績が競合ファンドを上回ったことが寄与した。同社はまた配当を倍増した。

同社が電子メールで送付した資料によれば、税引き前利益は20億8000万ドルと、前年の13億ドルから増加。
ブルームバーグ・ニュースがまとめたアナリスト16人の予想中央値は19億4000万ドルだった。
運用資産は3月末時点で 785億ドル(約8兆2600億円)となった。

マンの旗艦ファンド「AHLディバーシファイド」の1年前からのリターン(投資収益率)はプラス37%と、クレディ・スイス/トレモント・ヘッジファンド指数の7.3%上昇の5倍の実績となった。

インベステック(ロンドン)のアナリスト、ダニエル・ハーバークロフト 氏は、「市場混乱下でのAHLの最近のパフォーマンスは資金流入に役立つ」と指摘し、マンは投資呼び込みで「勝ち組に入るだろう」と語った。
同氏はマン株の投資判断を「買い」としている。

マンは通期配当を1株当たり44セントと、前年度の20セントから引き上げた。同社はまた、自社株買戻しを再開する計画を明らかにした。

引用終了  http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=newsarchive&sid=aBbfx9fAQ.UY


マン・グループの株式を保有すれば、マン・グループ全体のヘッジファンドに分散投資したことになるのでしょうか?
スポンサードリンク
スポンサーサイト

Man Investmentsのファンドのパフォーマンス(ADP他)

スポンサードリンク


Man Investmentsマンインベストメンツ)のファンドの4月のパフォーマンスがでたので載せておきます。

Man AHL Diversified plc(ADP) のパフォーマンスは 

----------------------------------
Last month 1.0%
----------------------------------
Last quarter 8.5%
----------------------------------
Year to date 15.1%
----------------------------------


Man AP 2XL USD-Class C のパフォーマンスは

----------------------------------
Last month 0.4%
----------------------------------
Last quarter 0.4%
----------------------------------
Year to date -1.0%
----------------------------------


Man Arbitrage Strategies Ltd のパフォーマンスは

----------------------------------
Last month 2.6%
----------------------------------
Last quarter -4.7%
----------------------------------
Year to date -9.3%
----------------------------------


4月はMan Arbitrage Strategies Ltdのパフォーマンスが+2.6%と良かったようです。

Man AHL Diversified plc(ADP)はエネルギー、金利、ボラティリティでプラス、為替、債券、株、メタル、農産物がマイナスでした。
エネルギーのリターンが大きかったようですが、債券のマイナスが-1.5%ぐらいあったようです。

Man AP 2XL USD-Class C はディレクショナル、アービトラージ、エクイティヘッジがプラス、マネージドフューチャーズがマイナスだったようです。

Man Arbitrage Strategies Ltd すべてのスタイルでプラスだったようです。


ちなみにWorld stocks のパフォーマンスは

-----------------------------------
Last month 5.8%
-----------------------------------
Last quarter 1.2%
-----------------------------------
Year to date -7.4%
-----------------------------------

World bonds のパフォーマンスは

-----------------------------------
Last month -1.1%
-----------------------------------
Last quarter -0.4%
-----------------------------------
Year to date 1.4%
-----------------------------------



関連記事

Man AHL Diversified Program(AHLダイバーシファイド・プログラム) Man Investmentsのファンド

3月のパフォーマンス
http://independenceday2030.blog93.fc2.com/blog-entry-72.html
2月のパフォーマンス
http://independenceday2030.blog93.fc2.com/blog-entry-54.html
1月のパフォーマンス
http://independenceday2030.blog93.fc2.com/blog-entry-48.html
12月のパフォーマンス
http://independenceday2030.blog93.fc2.com/blog-entry-41.html

スポンサードリンク

原油相場 バブル 石油メジャー そしてリセッション

スポンサードリンク


ブルームバーグから原油相場に関する記事がありました。


引用開始

「NY原油:2016年12月限が3日で14%高騰-140ドルに迫る」

5月21日(ブルームバーグ):ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の先物市場は、原油相場が向こう8年間に1バレル当たりほぼ140ドルに向かうことを示唆している。

時価総額で証券最大手の米ゴールドマン・サックス・グループが、供給のひっ迫を理由に原油相場の2008年下期(7-12月)の平均が141ドルに、09 年は148ドルになるとの見通しを示して以降、2016年12月に引き渡しとなる原油先物は3営業日で17.08ドル(14%)高騰した。

シティグループ・グローバル・マーケッツ(ニューヨーク)のエネルギーアナリスト、ティム・エバンス氏は、2016年12月限が、今夏に引き渡しとなる原油先物の3倍以上の上昇率を示したのは「最近、特に期先物の原油に関する」見通しを示していたゴールドマンの見方と「合致する」と指摘する。

石油メジャー(国際石油資本)の米エクソンモービル、英蘭系ロイヤル・ダッチ・シェル、英BP、米シェブロン、仏トタル、米コノコフィリップスのことしの探査・生産向け投資は過去最高の987億ドル(約10兆2000億円)に上り、8年前の4倍以上に膨らむ見通しだ。
これらの石油会社が石油輸出国機構(OPEC)加盟国以外の国々で生産する原油の供給量は、向こう4年間の世界的な需要の伸びの約20%にしか対応できないと予想されている。

原油の発見が困難な状況になる一方、中国や中東などの地域の原油需要は旺盛だ。
国際エネルギー機関(IEA)が13日に発表したリポートによると、これらの国々のことしの需要は4.9%増加し、北米や欧州の需要後退を埋め合わせると予想されている。IEAは、世界の原油需要見通しを4カ月連続で引き下げた。

ワコビア・セキュリティーズ(セントルイス)のエネルギーアナリスト、 エリック・ウィッテノーヤー氏は「多くの報道によると、OPECも他の市場専門家も、相場が現時点の水準よりもかなり高くなるとの見通しを示している」と指摘。
「このことは、相場の今後のさらなる上昇を肯定する証拠になり得る」との見方を示す。

http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=newsarchive&sid=aFbhuTxcJSrs


「ソロス氏:原油相場はバブル、米英リセッションで崩壊へ-テレグラフ」

5月26日(ブルームバーグ):26日の英紙デーリー・テレグラフ(オンライン版)によると、米投資家ジョージ・ソロス氏は、ここ数週間の原油相場高騰が主に投機的な資金の流入が原因で、現在の過去最高値圏の相場はバブルの様相を呈していると述べた。

ソロス氏は同紙とのインタビューで、ドル安や中東産原油の供給減、中国での需要拡大でエネルギー高はある程度説明できるとしながらも、原油相場に「投機が及ぼす影響が拡大している」と指摘。
石油バブルは米英両国がリセッション(景気後退)に陥るまでは崩壊しないが、その後は劇的に下落する恐れがあると語った。
同紙によると、ソロス氏は英経済が1970年代または90年代初めの不景気よりも深刻なリセッションに直面しているとの認識も示した。

http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=newsarchive&sid=aZqu7z8ajdBc

引用終了


原油をはじめとするコモディティ相場はどこまで上昇するのでしょうか。
米英両国がリセッションに陥ると劇的に原油相場は下落するのでしょうか。

スポンサードリンク

Forsyth Global Property Fund Limited 年次総会の通知

スポンサードリンク


Crosby Forsyth(クロスビー フォーサイス) が運用するファンドForsyth Global Property Fund Limitedからannual general meeting(年次総会)の通知が届きました。
バミューダで出資者の総会が行われるそうです。

ファンドにもこういった総会があるんですね。
恥ずかしながら始めて知りました。


他ブログの 乙川乙彦の投資日記 で関連記事を書かれています。
http://otsu.seesaa.net/article/97417369.html

スポンサードリンク

米住宅問題 エマージング コモディティ 投資魅力のある資産は

スポンサードリンク


ブルームバーグに「米住宅問題は1年超続く、コモディティには慎重-プリンシパルCEO」という記事がありました。


引用開始

5月16日(ブルームバーグ):プリンシパル・グローバル・インベスターズのジェームズ・マコーン最高経営責任者(CEO)は16日、都内で開かれた記者説明会で、米住宅問題の解決にはあと1年から1年半はかかるとの認識を示した。
また、高値を更新しているコモディティ市場については慎重なスタンスを取っている。

プリンシパル・グローバル・インベスターズは米保険大手プリンシパル・ファイナンシャル・グループの資産運用部門。
債券、株式、不動産の異なる資産の金融商品と運用サービスを提供している。
3月末時点の運用資産総額は 2424億米ドル(約24兆円)。
日本では、2006年に日本法人プリンシパル・グローバル・インベスターズ・ジャパンを設立。
07年に投資一任業務の認可を取得し、投資運用業者としての登録を済ませた。
マコーンCEOの主な発言内容は次の通り。

米住宅問題について。
「まだ終わっていない。かなり供給過多の状況であり、相当価格が下落しないと、需給は均衡しないだろう。これはわれわれからの警告だ」

投資魅力のある資産は。
「質が高いハイイールド債。ヘッジファンドなどのレバレッジ解消に伴う売りで値段が下落したが、ファンダメンタルズは依然強いからだ。優先証券やCMBS(商業不動産担保ローン証券)も良い。また不動産投資、中でも不動産投資信託(REIT)への投資

は今後4年間でうまくいくだろう。クレジット危機によって商業用不動産の開発が鈍化しており、需給バランスが変わった。供給不足は良い状況で、われわれはグローバルREITポートフォリオを推奨している」

エマージング市場について。
「この4-5年の投資はうまくいった。インド、中国、ブラジルでは経済改革が進展していき、今後も良好なリターンが得られるだろう。しかし、この市場は特定の市場に高いポジションを取るべきではなく、分散投資が重要だ」

コモディティについて。
「多くの人は、コモディティは需要が強いため、もはやシクリカルな動きはせず、このまま上昇を続けると言うが、われわれはこの考えに賛同しない。やはりシクリカルなダウントレンドはあるので、慎重に見ている」

コモディティから資金が流出した場合の次なる向かい先は。
「日本を含めたアジア市場だろう。アジアはコモディティの輸入国であるため、コモディティ価格の上昇がマイナスに働いている。ドル安によって通貨もプレッシャーを受けて株価はかなり下落したが、循環局面のピークからは魅力ある市場と言えるだろう。

コモディティ価格の上昇と円高という2つが改善することから、日本経済については中期的に楽観視している。株も魅力的と判断している」

引用終了  http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=newsarchive&sid=a6arlVyWJUNg


グローバルREITポートフォリオ
エマージングマーケットへの分散投資
そして、日本を含めたアジア市場が魅力的とのことですね。
スポンサードリンク

========================================================
<PR>
配当金がザクザク増える配当成長銘柄の選び方
米国株の高配当・連続増配銘柄に投資するには米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは
J-REIT老後資金の貯め方マンション購入注意点外国為替動向米国株高配当銘柄
不動産投資外国債券投資お金の増やし方機関投資家 運用資産規模
米国株高配当銘柄&連続増配銘柄米国株おすすめ銘柄60代資産運用70代資産運用
========================================================

証券会社が売りたがらない米国債を買え!証券会社が売りたがらない米国債を買え!
(2011/08/26)
林 敬一

商品詳細を見る


ウォールストリート・ジャーナル式 経済指標 読み方のルールウォールストリート・ジャーナル式 経済指標 読み方のルール
(2012/02/22)
サイモン・コンスタブル、ロバート・E・ライト 他

商品詳細を見る

資産を築く配当成長
categories
recent entries
LINKs

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索
BLOG ranking


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

海外投資

配当成長株投資セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド米国株おすすめ銘柄60代資産運用70代資産運用米国株高配当銘柄
住宅ローン外貨MMFキャッシング転職オーストラリアドル為替教育資金を軽くする
住宅ローンの常識生命保険東京メトロ To Me CARD 申込みマンショ ン購入 注意点住宅ローン 銀行保険リストラからの再就職
リストラ対策1億円貯める方法医療保険の選び方新生銀行住宅ローン何度も何度も確認中国株式投資
シティバンクヘッジファンド米国株式購入方法高配当株式銘柄生活必需品株式銘柄投資信託 選び方
外国株式投資クリーンエネルギー老後資金の貯め方株 入門米国株の魅力債務整理マンションニュース学費の家計負担を軽くするワンルームマンション投資
株式投資 インデックスお金を増やす方法外国為替の動向外国株式インデックス株式投資儲からない長期投資 銘柄米国債 購入中学生テスト勉強方法
米国株 高配当資産運用 初心者老後 貯蓄老後資金運用新興国投資
米国債券投資ワンルームマンション投資 成功老後の資金J-REIT ETF転職エステ効果中古ワンルームマンション投資米国株 銘柄
投資 銘柄教育資金 貯め方海外ファンド投資高利回り 投資信託国債暴落 対策老後資金 貯め方米国株 買い方外国株 購入老後 貯蓄
OL 貯金方法サラリーマン お金持ち米国債 購入社債の購入方法老後の生活資金ワンルームマンション投資のリスク外国債券投資信託
海外株式投資消費者金融比較お金を借りる方法キャッシング即日老後のお金即日融資今すぐお金を借りる方法外貨MMF 豪ドルOL株初心者
人生を楽しむ方法サラリーマン副業ワンルームマンション投資為替動向収入を増やす方法モーニングスター配当フォーカス指数配当狙いの株式投資


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。