ヘッジファンド
  1. Top
  2. » 2007/12

Man Investmentsのファンドのパフォーマンス(ADP他)

スポンサードリンク


Man Investmentsファンドの11月パフォーマンスがでたので載せておきます。

Man AHL Diversified plc(ADP) のパフォーマンスは 

Last month 4.3%
Last quarter 20.0%
Year to date 24.8%

Man AP 2XL USD-Class C のパフォーマンスは

Last month -3.8%
Last quarter 8.5%
Year to date 6.2%

Man Arbitrage Strategies Ltd のパフォーマンスは

Last month -4.1%
Last quarter 0.4%
Year to date 3.8%

今月もMan AHL Diversified plc(ADP)が+4.3%と弱いマーケット展開の中で、すばらしいパフォーマンスでした。
債券エネルギー金利農産物リターンを出したようです。 メタルはマイナス 為替は±0

Man AP 2XL USD-Class C は全てのスタイルでマイナスだったようです。

Man Arbitrage Strategies Ltd はマルチストラテジーイベントドリブンで大きくマイナスを出したようです。


ちなみにWorld stocks のパフォーマンスは

Last month -4.4%
Last quarter 0.5%
Year to date 4.6%

World bonds のパフォーマンスは

Last month 1.4%
Last quarter 2.5%
Year to date 5.5%


10月のパフォーマンス
http://independenceday2030.blog93.fc2.com/blog-entry-32.html
9月のパフォーマンス
http://independenceday2030.blog93.fc2.com/blog-entry-27.html
8月のパフォーマンス
http://independenceday2030.blog93.fc2.com/blog-entry-23.html
7月のパフォーマンス
http://independenceday2030.blog93.fc2.com/blog-entry-19.html


スポンサードリンク

概況

スポンサードリンク


11月のマーケットは全てにおいて弱い展開っだったようですね。


S&P 500 USD Month -4.18% YTD 6.23%

Goldman Sachs Commodities Index USD Month -3.70% YTD 25.44%

Credit Suisse/Tremont Hedge Fund Index USD Month -1.21% YTD 12.04%


ヘッジファンドもほとんどの戦略で苦戦していたようです。

スポンサードリンク

グローバルREIT 最近の状況

スポンサードリンク


大和投資信託のマーケット情報にグローバルREIT市場の現状と見通し(2007年12月10日)が載っていました。

引用開始

年初からの市場動向
① REIT が保有する不動産を転売することを目的としたプライベートファンドからの買収需要から、REIT 市場は年初来高値を更新する動きとなりました。しかしながら、2月以降、米国でサブプライムローン(信用力の低い個人向け住宅ローン)問題が発生し、買収資金を調達する際のスプレッド(上乗せ金利)が拡大したことから、REIT 市場は調整へ向かいました。
② 5 月にはいったん反発する局面もありましたが、7 月にかけて世界的な長期金利の上昇を受け、下落に転じました。
③ 8 月には、サブプライムローン問題の再燃から信用市場が混乱し「質への逃避」の動きが進みましたが、各国金融当局の政策対応を受け、中旬以降急回復を見せました。しかしながら、その後も変動性の高い相場展開が続きました。
④ 10 月には、中旬までは堅調推移となりましたが、欧米金融機関の決算発表でCDO(債務担保証券)関連の損失計上が相次ぎ、一転下落に転じました。
⑤ 11 月に入り、金融機関が損失を計上したことによる信用収縮懸念から株式市場同様REIT 市場が下落したことに加え、リスク回避の動きから為替市場で円が上昇しました。

中略

今後の見通し
・ 各国で金融緩和が実現していますが、政策金利水準は依然として高く、景気の減速に対し今後も金融政策による対応が継続することが予想されます。
・ 個人を対象とした戸建て住宅関連指標は米、英で弱含みですが、商業用不動産市場のファンダメンタルズは健全で、賃料は依然上昇局面にあります。
・ 保有する不動産価格に比べて、リート市場は割安な状況にあります。
・ 債券市場に対する割高感もおよそ解消したと考えられます。
・ サブプライムローン問題よる金融市場の混乱が落ち着くにつれ、REIT の保有する不動産価値に着目したM&A (企業の合併・買収) や自社株買いが増加することを予想しております。


引用終了  http://www.daiwa-am.co.jp/doc/information/tinfo_20071210_1.pdf


2007年2月以降調整局面のグローバルREITですが、2008年以降はどのような展開になるのでしょう。


スポンサードリンク

========================================================
<PR>
配当金がザクザク増える配当成長銘柄の選び方
米国株の高配当・連続増配銘柄に投資するには米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは
J-REIT老後資金の貯め方マンション購入注意点外国為替動向米国株高配当銘柄
不動産投資外国債券投資お金の増やし方機関投資家 運用資産規模
米国株高配当銘柄&連続増配銘柄米国株おすすめ銘柄60代資産運用70代資産運用
========================================================

証券会社が売りたがらない米国債を買え!証券会社が売りたがらない米国債を買え!
(2011/08/26)
林 敬一

商品詳細を見る


ウォールストリート・ジャーナル式 経済指標 読み方のルールウォールストリート・ジャーナル式 経済指標 読み方のルール
(2012/02/22)
サイモン・コンスタブル、ロバート・E・ライト 他

商品詳細を見る

資産を築く配当成長
categories
recent entries
LINKs

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索
BLOG ranking


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

海外投資

配当成長株投資セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド米国株おすすめ銘柄60代資産運用70代資産運用米国株高配当銘柄
住宅ローン外貨MMFキャッシング転職オーストラリアドル為替教育資金を軽くする
住宅ローンの常識生命保険東京メトロ To Me CARD 申込みマンショ ン購入 注意点住宅ローン 銀行保険リストラからの再就職
リストラ対策1億円貯める方法医療保険の選び方新生銀行住宅ローン何度も何度も確認中国株式投資
シティバンクヘッジファンド米国株式購入方法高配当株式銘柄生活必需品株式銘柄投資信託 選び方
外国株式投資クリーンエネルギー老後資金の貯め方株 入門米国株の魅力債務整理マンションニュース学費の家計負担を軽くするワンルームマンション投資
株式投資 インデックスお金を増やす方法外国為替の動向外国株式インデックス株式投資儲からない長期投資 銘柄米国債 購入中学生テスト勉強方法
米国株 高配当資産運用 初心者老後 貯蓄老後資金運用新興国投資
米国債券投資ワンルームマンション投資 成功老後の資金J-REIT ETF転職エステ効果中古ワンルームマンション投資米国株 銘柄
投資 銘柄教育資金 貯め方海外ファンド投資高利回り 投資信託国債暴落 対策老後資金 貯め方米国株 買い方外国株 購入老後 貯蓄
OL 貯金方法サラリーマン お金持ち米国債 購入社債の購入方法老後の生活資金ワンルームマンション投資のリスク外国債券投資信託
海外株式投資消費者金融比較お金を借りる方法キャッシング即日老後のお金即日融資今すぐお金を借りる方法外貨MMF 豪ドルOL株初心者
人生を楽しむ方法サラリーマン副業ワンルームマンション投資為替動向収入を増やす方法モーニングスター配当フォーカス指数配当狙いの株式投資