ヘッジファンド
  1. Top
  2. » GDP
スポンサードリンク


ニュージーランド経済 リセッション入りの公算?

ブルームバーグより、ニュージーランド関連のニュース記事です。


引用開始

NZ経済はリセッション入りの公算も-ゴールドマンのエーカブ氏

6月27日(ブルームバーグ):ゴールドマン・サックス・JBWereのエコノミスト、シャムビール・エーカブ氏は27日、同日発表されたニュージーランド(NZ)の2008年1-3月(第1四半期)国内総生産(GDP)が前期比0.3%減となったことについて、以下のように語った。
減少率はブルームバーグ・ニュースが13人のエコノミストを対象にまとめた調査の中央値 と合致した。


「GDP成長率の数字だけでは、明らかに経済全体に広がっている弱さを正しく伝えていない。統計の詳細を見ると、現在の極めて引き締め気味の金融政策が適切でないことをあらためて示す内容となっている」

「最終需要は、家計と建設部門を中心に、明らかに弱い」

「成長率と現在までに発表されている一部統計を合わせて考慮すると、2四半期連続のマイナス成長となるリスクは極めて高い」

「利下げに対する障害は低下してきている。当社では利下げは9月に始まると予想しているが、NZ経済がリセッション(景気後退)入りするなか、7月実施の可能性も否定できない」

http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=newsarchive&sid=ac_jzWVlPUpg


1-3月期ニュージーランドGDP:前期比0.3%減-NZドル下落

6月27日(ブルームバーグ):ニュージーランド(NZ)統計局が27日発表した2008年1-3月(第1四半期)国内総生産(GDP)は前期比0.3%減とマイナス成長になった。前年同期比では1.9%増加した。

信用コスト上昇が内需を圧迫し、干ばつが輸出の妨げとなるなか、NZ経済はリセッション(景気後退)に一歩近づいた。ブルームバーグ・ニュースがエコノミスト13人を対象にまとめた予想中央値でも、第1四半期は前期比 0.3%減と見込まれていた。
また、4-6月期(第2四半期)については、エコノミスト13人中7人が「マイナス成長」と予想しており、1998年以来のリセッション入りの可能性がある。

07年10-12月(第4四半期)は前期比0.8%増(改定値)だった。

バンク・オブ・ニュージーランド(BNZ)のシニア・マーケッツ・アナリスト、クレーグ・エバート氏は「今回の数値は経済成長の小休止ではなく、長期の経済調整の始まりだ」と指摘。
「成長か、それに届かないかが、NZ準備銀行の方針を左右しそうだ」と述べた。
NZ準備銀のボラード総裁は6月5日、リセッションの可能性を排除できないとの認識を示しており、3カ月以内に政策金利(現行は年8.25%)の引き下げに動くとみられている。

外国為替市場では、GDP発表後にNZドルが下落。ウェリントン時間午前10時50分(日本時間同7時50分)時点で1NZドル=0.7537米ドルと、発表直前の同0.7552米ドルを下回っている。

http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=newsarchive&sid=aTvr_ThsTHho
引用終了


高金利(現在の政策金利は8.25%)の資源国ニュージーランド
ニュージーランドに国外から入ってくるお金の大半は日本からのものだと聞いたことがあります。
取引量の小さい通貨は、僅かな環境の変化でも大きく上下動する可能性があるので注意が必要ですね。
2000年に1NZドル40円代だったことも忘れてはいけませんね。

スポンサードリンク

ブラジルの信用格付け投資適格級に引き上げ

ブルームバーグに「ブラジルの信用格付け、初めて投資適格級に引き上げ-S&P」という記事がありました。


引用開始

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は30日、ブラジルの信用格付けを初めて投資適格等級に引き上げた。
これを受けて、同国株式市場では指標のボベスパ指数が最高値を更新し、同国債利回りも大きく低下した。

昨年ブラジルは2004年以来の高成長を達成したが、S&Pはこの日の発表文で年4.5%程度の成長が持続可能との見方を示した。
ブラジルの外貨建て長期格付けは従来の「BB+」から、投資適格等級の中では一番下の「BBB-」に引き上げられた。

ハーバー・インターナショナル・ファンド(運用資産35億ドル)を運用するハカン・キャステグレン氏は「格上げはブラジルにとって素晴らしいニュースだ」と指摘、
「これによって、資金調達コストとリスクプレミアム(リスクに見合う金利上乗せ分)は低下し、投資先としてのブラジルの魅力が増す」と語った。

ボベスパ指数は前日比6.3%高の67868.46で終了し、年初来の騰落率は主要20市場でトップとなった。
ブラジル・レアルはドルに対し2.6%上昇し、1ドル=1.6623レアル。1日としては昨年8月17日以来最大の上げとなった。

ブラジル債(表面利率11%、償還2040年)の2015年償還利回りはニューヨーク市場で、21ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下し5%となった(JPモルガン・チェース調べ)。

米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは、ブラジルの格付けを「Ba1」と投資適格等級を1段階下回る水準としている。
フィッチ・レーティングスは「BB+」としている。

ブラジルの現在の格付けはコロンビアやルーマニアと同等で、02年7月時点からは4段階引き上げられた水準。

引用終了  http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=newsarchive&sid=auofCiXQYpV8


投資適格級に引き上げされたことで、ボベスパ指数が1日で6%以上も上昇したそうです。

このニュースのことは、

いちカイにヤリ 投資世代(ロシア株、インド株、中国株、ブラジル株、ADR、BRICs)
http://www.doblog.com/weblog/myblog/31550/2620710#2620710

でも記事にされています。

スポンサードリンク

ロシア経済や企業についてのニュース(ガスプロム、ルクオイルなど)

ロシア経済や企業についてのニュースをブルームバーグからピックアップしてみました。

引用開始

ロシアのルクオイル:07年通期は27%増益、過去最高益に-原油高で

4月10日(ブルームバーグ):ロシア最大の民間石油会社、ルクオイルが 10日発表した2007年通期決算は、前年比27%増益となり、過去最高益を達成した。
生産の伸び鈍化を、原油や石油精製品の価格上昇が補った。

同社の発表資料によると、純利益は95億1000万ドルと、前年の74億8000 万ドルから増加。売上高は前年比21%増の822億ドル。

ブルームバーグのデータによれば、ロシアが主に生産するウラル原油の価格は昨年14%上昇し、平均で1バレル=69.68ドルとなった。一方でルクオイルの生産量のは昨年1.7%増と伸びが鈍化し、日量184万バレルだった。

http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=newsarchive&sid=aRd7wzUd4JXA


露ガスプロム:09-10年に計6兆5000億円を設備投資へ-露紙

3月31日(ブルームバーグ):ロシア経済紙ベドモスチは31日、ロシアの天然ガス輸出会社ガスプロムが、2009年と10年に生産増強に向け計1兆 5200 億ルーブル(約6兆5000億円)の設備投資を計画していると報じた。
同社の社債関連の目論見書を基に伝えた。

同紙によると、ガスプロムは、設備投資を09年には6690億ルーブル、10 年には8500億ルーブルと、08年の4790億ルーブルから拡大する計画だ。07年は約3300億ルーブルだった。

また同紙によると、ガスプロムは買収向け投資については削減する予定。金融資産投資は、09年は560億ルーブル、10年は1040億ルーブルと、08年の 2310億ルーブルから減少する見通し。

ガスプロムは07年、原油・ガス生産事業「サハリン2」の権益取得やロシアの電力会社モスエネルゴの買収に向け約3870億ルーブルを投資した。

http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=newsarchive&sid=aVaoAiOdJ20Y


ロシア国債の格付けを引き上げ方向で見直し-米ムーディーズ

3月27日(ブルームバーグ):米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは27日、ロシア国債の格付けを引き上げ方向で見直すと発表した。
同国の景気拡大期が10年目に入っていることや政府債務が減少したことを理由に挙げた。

ロシア国債の格付けは、投資適格級10段階の下から2番目の「Baa2」。ムーディーズによると、メドベージェフ新政権が「マクロ経済政策が継続する可能性が高い」ことも見直しの材料になる。
プーチン大統領は新政権で首相を務める。

世界最大のエネルギー生産国であるロシアは、プーチン政権下で外貨準備高が5000億ドルを超え、国民の平均収入が6倍になった。
同国の経済発展貿易省は24日、今年の国内総生産(GDP)成長率見通しを6.6%から7.1%に上方修正した。

http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=newsarchive&sid=aq7YjQd_Sor8

引用終了

対米輸出に依存していないロシアはサブプライム問題からは遠い位置にあるとされています。
モンスター企業のガスプロムをはじめルクオイルなど企業の好業績も目立ちます。
資源の輸出、海外資本の流入、活発な個人消費と経済成長の3つがそろっている感じのロシアに今後も注目していきたいと思います。


スポンサードリンク

ブラジルGDP2050年までに日本を抜く?

今回はブラジルの話題です。

4月6日の毎日新聞で「GDP:ブラジル経済、日本を抜く!? 2050年までに--英米監査法人が予想 」という記事がありました。

引用開始

2050年までに日本経済はブラジルに抜かれる--。監査法人の英米プライスウォーターハウスクーパース(PwC)が公表した50年の世界の実質国内総生産(GDP)予想で、新興国の躍進と日本の後退が鮮明となった。「途上国は急成長し、先進国も輸出増で潤う」とするが、世界の急激な構造変化は不安定要因との見方が強い。

PwCは経済成長率が高い中国、インド、ブラジル、ロシア、メキシコ、インドネシア、トルコの7カ国(E7)を中心に分析。E7諸国全体のGDPは07年、米国の約6割に過ぎないが、50年には米国の3倍超に達する。筆頭の中国は25年ごろ米国を抜き、50年には米国の1.3倍となる。

日本は現在、米国GDPの32%を占め、世界2位。しかし、50年には最大の中国に次いで、インドが米国の約9割に迫り、ブラジルが同26%となる。日本は同19%で5位。ロシア、メキシコ、インドネシアもそれぞれ17%と日本逆転が視野に。E7諸国には膨大な中産階級が形成され、中国がハイテク国家に脱皮する見通しだ。

引用終了  http://mainichi.jp/select/biz/news/20080406ddm002020143000c.html


また、国際投信投資顧問のサイトでエマージングマーケットレポートでは以下のようなレポートがありました。

引用開始

政治的安定や着実な経済成長を好感して、足元の世界 的信用収縮のなかでも、ブラジル金融市場への資金流入は陰りが ありません。株式・為替市場においては、信用収縮の影響から一時 的に売りが優勢になる場面も見受けられましたが、大勢に影響を 与えるほどの大幅な調整にはならず、長期的上昇基調を維持しています。

また、債券市場についても、経済成長に連動した 対外債務額の縮小に伴って、外貨建て債券格付け(S&P社)が04年 以降立て続けに3回格上げされ、投資適格債券格付けまであと一 段階のBB+まで信用力が上昇しています。

この様な市場環境の改 善もあって、債券利回りは順調に低下しています。先述の 様に、実物経済の堅調さが続くと考えられるため、今後もブラジル 金融市場の拡大基調が維持されていくと考えられます。

引用終了  http://www.kokusai-am.co.jp/report/emerging/2008/080325.pdf


石油や鉄鉱石などの資源、コーヒーや大豆などの農産物が豊富で人口1億8000万人と人的資源にも恵まれた国ブラジル。
多消費世代人口もまだ増えていくようですが、当面、消費面では世界経済に大きなインパクトを与えるほどではなさそうな感じです。
むしろ、消費大国になっていくであろう、中国、インドに対してロシアと供に資源を供給する役割になっていきそうな国です。

スポンサードリンク

========================================================
<PR>
配当金がザクザク増える配当成長銘柄の選び方
米国株の高配当・連続増配銘柄に投資するには米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは
J-REIT老後資金の貯め方ワンルームマンション投資は都内・中古・築浅が成功のポイント
外国為替動向米国株高配当銘柄
不動産投資外国債券投資お金の増やし方機関投資家 運用資産規模
米国株高配当銘柄&連続増配銘柄米国株おすすめ銘柄60代資産運用70代資産運用
========================================================

証券会社が売りたがらない米国債を買え!証券会社が売りたがらない米国債を買え!
(2011/08/26)
林 敬一

商品詳細を見る


ウォールストリート・ジャーナル式 経済指標 読み方のルールウォールストリート・ジャーナル式 経済指標 読み方のルール
(2012/02/22)
サイモン・コンスタブル、ロバート・E・ライト 他

商品詳細を見る

資産を築く配当成長
categories
recent entries
LINKs

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索
BLOG ranking


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

海外投資

配当成長株投資セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド米国株おすすめ銘柄60代資産運用70代資産運用米国株高配当銘柄
住宅ローン外貨MMFキャッシング転職オーストラリアドル為替教育資金を軽くする
住宅ローンの常識生命保険東京メトロ To Me CARD 申込みマンショ ン購入 注意点住宅ローン 銀行保険リストラからの再就職
リストラ対策1億円貯める方法医療保険の選び方新生銀行住宅ローン何度も何度も確認中国株式投資
シティバンクヘッジファンド米国株式購入方法高配当株式銘柄生活必需品株式銘柄投資信託 選び方
外国株式投資クリーンエネルギー老後資金の貯め方株 入門米国株の魅力債務整理マンションニュース学費の家計負担を軽くするワンルームマンション投資
株式投資 インデックスお金を増やす方法外国為替の動向外国株式インデックス株式投資儲からない長期投資 銘柄米国債 購入中学生テスト勉強方法
米国株 高配当資産運用 初心者老後 貯蓄老後資金運用新興国投資
米国債券投資ワンルームマンション投資 成功老後の資金J-REIT ETF転職エステ効果中古ワンルームマンション投資米国株 銘柄
投資 銘柄教育資金 貯め方海外ファンド投資高利回り 投資信託国債暴落 対策老後資金 貯め方米国株 買い方外国株 購入老後 貯蓄
OL 貯金方法サラリーマン お金持ち米国債 購入社債の購入方法老後の生活資金ワンルームマンション投資のリスク外国債券投資信託
株式投資と読書消費者金融比較お金を借りる方法キャッシング即日老後のお金即日融資今すぐお金を借りる方法外貨MMF 豪ドルOL株初心者
人生を楽しむ方法サラリーマン副業ワンルームマンション投資為替動向収入を増やす方法モーニングスター配当フォーカス指数配当狙いの株式投資