ヘッジファンド
  1. Top
  2. » リセッション

スポンサーサイト

スポンサードリンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
  • ジャンル :

マネーサプライは破裂寸前 マーク・モビアス氏

スポンサードリンク


エマージングマーケット投資で知られるマーク・モビアス氏のコメントです。

引用開始

6月4日(ブルームバーグ):資産運用会社テンプルトン・アセット・マネジメントのマーク・モビアス氏は4日、世界的なリセッション(景気後退)に対応した各国中央

銀行による金融システムへの大量資金供給で、マネーサプライ(通貨供給量)が世界中で「破裂」寸前にあり、新興市場国の株価を押し上げているとの見方を示した。

テンプルトンの執行会長として新興市場資産約200億ドルの運用に携わるモビアス氏は「誰もがデフレを怖がっているため、資金供給している」と述べ、「それがより強い確信を伴って新興市場に流れ込み始めている」と指摘した。

中略

モビアス氏は、新興国の株式相場は先進国を上回るペースで上昇するだろうと述べ、テンプルトンがロシア株を購入していることを明らかにした。
ロシア株の指標のRTS指数は今年75%の急騰を演じており、ペルーに次いで世界2番目の上昇率。

中略

同氏はさらに、「中長期的」な商品相場の上昇とドルの下落が見込まれると述べた。
ロイター・ジェフリーズCRB指数は今年11%上昇している。昨年は36%安だった。
ドルは今年、主要6通貨のバスケットに対し2.2%下落している。

引用終了

マーク・モビアス氏によると

各国中央銀行による大量資金供給で、新興市場国の株価を押し上げている

新興国の株式相場は先進国を上回るペースで上昇する

中長期的な商品相場の上昇とドルの下落が見込まれる

とのことです。


スポンサードリンク
スポンサーサイト

現在の金融危機は30年代以降最悪 ソロス氏

スポンサードリンク


ジョージ・ソロス氏のコメントです。

引用開始

2月21日(ブルームバーグ):米投資家ジョージ・ソロス氏(78)は20日、経済危機の根本的な原因は1980年代の金融規制緩和にあるとの見方を示し、当時から資本主義経済を支配してきた自由市場モデルの終わりを現在の危機が示していると語った。

ソロス氏は米コロンビア大学での非公式夕食会でエコノミストや銀行関係者に対し、レーガン政権が始めた金融の自由化が一連の破たんを招き、政府介入を余儀なくさせたと述べた。また、米住宅市場の崩壊に端を発した世界的なリセッション(景気後退)は「金融システムそのものに打撃を与えた」との考えも示した。

同氏は、責任を「放棄」した点で規制当局も非難されるべき点があると指摘。
さらに、金融市場が非効率で、入手可能なあらゆる情報よりも先入観に影響を受けやすいことが証明された現在、「市場原理主義」は疑問視されているとも語った。

ソロス氏は「現在の危機は30年代以降最も深刻で、これまでの生涯で経験した他の危機とは性格が異なると思う」と話した。

引用終了

市場原理主義は疑問視されている とのことです。

スポンサードリンク

米国株式相場は上昇する態勢が整っている?

スポンサードリンク


米国株式相場やリセッションについてです。

引用開始

2月18日(ブルームバーグ):元モルガン・スタンレーのストラテジストで、ヘッジファンドのトラキス・パートナーズのマネジング・パートナー、バートン・ビッグス氏は18日、経済指標が改善し始めているため、米国株式相場は上昇する態勢が整っているとの見方を示した。

ビッグス氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「市場は過度に弱気になっており、相場は大きく反発する態勢が整っている」と指摘し、「底固めの過程にある」と語った。
同氏は1月8日に株価上昇を予想し、その2日後にS&P500種株価指数は今年の最高値を付けた。

1月の米供給管理協会(ISM)製造業景況指数はブルームバーグがまとめたアナリスト予想を上回った。
これについてビッグス氏は、同指数は好転し始めていると指摘し、リセッション(景気後退)の最悪期は過ぎた可能性があると分析した。

同氏はまた、投資家によるヘッジファンドからの資金引き揚げが続くとの見方も示した。「一般投資家や機関投資家は深い痛手を負い、株式投資に消極的になっている」と述べ、ヘッジファンドは「相当の期間にわたって解約モードが続く」と予想した。

引用終了

彼の言うように、リセッションの最悪期が過ぎていればいいですね。


スポンサードリンク

ヘッジファンドそしてウォール街の「大虐殺」から身を守る3つのルール

スポンサードリンク


ブルームバーグに 【経済コラム】ウォール街の「大虐殺」から身を守るルール-M・ルイス  というコラムおもしろいコラムがありました。

引用開始

7月2日(ブルームバーグ):リセッション(景気後退)についてまず知っておくべきことは、決して米ウォール街の終えんを意味するものではないということだ。

リセッションは、自動車レースのフォーミュラ1(F1)世界選手権でレース中断時に使われる赤旗のようなものだ。
レース車は、衝突が起こると衝突車の残骸(ざんがい)が片付けられるまでコースを低速で周回し、片付けが終わると、まるで何事もなかったかのようにごう音を上げて加速する。
ウォール街とFIの違いは、ウォール街ではこうした災難を味方につけるのが可能なこと。
車を密かに前に進めておき、レース再開時にトップに躍り出るのだ。

ただ、いかなるリセッションであれ、克服するためには知っておくべきルールがある。
重要なルールは3つしかないが、覚えておくだけでは不十分。肝に銘じて常に実践しなければならない。

ルールその1:会社があなたを裏切る前に、あなたが会社を裏切れ。

あなたがウォール街で仕事をしているなら、おそらく大企業に勤めていることだろう。
例えばシティグループやメリルリンチだ。企業の規模が大きいため、あなたは嵐を乗り切るには、数万人の同僚と一緒にいるのが一番だと考え、これ以上良い場所はないと納得させられているかもしれない。これは間違いだ。

従業員数と安全性

従業員の多さがそのまま安全性につながることはほとんどない。状況が悪化すると、従業員の多さゆえにむしろ危険度は増してしまう。
腺(せん)ペストが大流行した時のロンドン、ハリケーン「カトリーナ」が襲来した時の多目的ドーム「ルイジアナ・スーパードーム」、そしてニュージャージー州の郊外-。
人々は常に、集まるべきではない時に集まるべきではない場所に集まってしまう。

第一次世界大戦当時、機関銃の砲火の真っただ中に飛び込んで行った多くの男たちは、間違いなく自分1人だけではないという確信を持っていたことだろう。

しかしもしあなたがリセッションを打ち負かしたいと思うなら、穴を見つけ、砲火がやむまでその中に隠れる必要がある。この穴の名前はヘッジファンドという。

周囲を見回してみるといい。長年にわたり喜々として働いてきた大企業に見切りをつけ、金融業界の片隅に身を潜めることを決めた抜け目のない人材の多さに気付くことだろう。

先週、シティグループでは、経営破たんあるいは破たん寸前の企業の社債(ディストレス債)や融資への投資を担当していたチームの幹部2人の年内独立が明らかになった。
ベアー・スターンズでも、同じ業務を担当していたチームがヘッジファンドのチューダーに吸収される。
ゴールドマン・サックス・グループをサブプライムローン(信用力の低い個人向けの住宅融資)危機から守ってきた幹部でさえ、自身のヘッジファンドを立ち上げた。

あなたはこう考えていることだろう。どのヘッジファンドもわたしを必要としていなかったらどうなるのか。
自身でヘッジファンドを立ち上げたものの、投資家の資金が集まらなかったらどうするのか、と。そんなあなたには次のルールを紹介したい。

ルールその2:あなたが何を売っているのかを覚えておけ。

好況時に受け取っていた高額報酬に、あなたがどれほど満足していたか分からないが、あなたが売っているものは、真の錬金術ではない。
ブローカーやファンドマネジャーの運用成績の平均は、長年にわたりマーケットを下回っているのだ。
それでも市井の投資家は、投資アドバイスを求め、その代価を支払い続けている。なぜだろう。

一般的な見方とは異なり、この不思議な車輪を回し続けている力は欲望ではない。
ウォール街の錬金マシンの根底にあるもの、それは不安だ。

純金に姿を変える

不況時には、この深遠な真実がより明確になる。不安が恐れに変わるからだ。
一方でこの時ほど金もうけに適した時がないのも事実だ。
1バレル=300ドルの原油相場見通しや、株式市場の崩壊、数百万戸の住宅差し押さえ、顧客の資金を横領し、橋の上から飛び降りるふりをしているヘッジファンドの運用責任者-。
こうしたテレビのニュースは、扱い方さえ分かれば、純金へと姿を変える。

残念なことに、ウォール街の人たちのほとんどは扱い方を分かっていない。
彼らは直感的にやっかいな論争を回避する。潜在的な投資家の恐怖心をあおるような出来事に思いをめぐらすことを好まない。
自分の仕事は、投資家をなだめることだと思っているため、たとえ異状があったとしても、異状なしを装う。

あなたは新たな方法で投資家にアプローチするすべを習得する必要がある。
投資家の恐怖心をあおれば、その投資家は汗ばんだ手を握ってくれる誰かに代価を支払う気持ちに追い込まれる。
あなたが動機をあまりにもあからさまにしなければ、その「誰か」があなたになる可能性は非常に高い。ここで、次のルールだ。

ルールその3:あなたの動機を隠せ。金銭的な関心を持っている事実をなるべく見せないようにせよ。

あなたの運用成績の良さを他言してはならない。
例えば、知り合ったばかりの女性に対してもだ。
リセッションは、世俗的な楽しみや物欲に対する反感と共にやってくる。

あなたは、この社会的価値の変化を認識しなければならない。こうした変化はウォール街でも起こるからだ。
妻、子供、同僚の恋愛-。あなたが十分に理解していたと思っていた人達は、何が人生で重要なのかを再発見することになる。あなたは蚊帳の外に置かれる。

でも心配はいらない。一時的な現象だからだ。アメリカはしょせんアメリカだ。

それでも、カネの相対的な価値が低下したことをあなたが認識していない様子は、多くの人の注目を集めることになる。さりげなくかわせばいい。
例えば、あなたが運用成績以外の何かに心を動かされたことを示すような趣味を始めるのはいかがだろう。

ダイムラーの最高級車マイバッハを売り、トヨタ自動車のプリウスを買う。庭師を雇って自宅の庭にトマトを植える。庭師には、目立つように表庭に植えるよう指示する。

目標は、好感度を高めることではない。それは高望みだ。
あなたが目指している「リセッション時の勝者」は元来、思いやりなど持ち合わせていない。
あなたは自分だけの食料と水を積んだ救命ボートに乗っているのだ。
目標は、皆があなたに寛容になり、集団であなたに反対するような事態に陥らないようにすることだ。

これがうまくできれば、あなたが次の投資ブームが始まる前にしていたことに皆が気付くころまでには、あなたはすでにヒーロー扱いを受けていることだろう。(マイケル・ルイス)

(マイケル・ルイス氏は、ブルームバーグ・ニュースのコラムニストです。このコラムの内容は、同氏自身の見解です)

引用終了  http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=newsarchive&sid=a9Nfi1G_ysC0


なるほどなぁ~と思ってしまいました。

スポンサードリンク

中国株投資 米ドルと米国株 そして原油相場 ジム・ロジャーズ氏の見解

スポンサードリンク


ブルームバーグに「ジム・ロジャーズ氏:中国株投資を断念するな-原油は一段と上昇へ」という記事がありました。


引用開始

6月28日(ブルームバーグ):投資家ジム・ロジャーズ氏は28日、南京での投資家会合で、年初からほぼ50%下げた中国株への投資を「断念する」べきではないと語った。
同氏は原油相場の1バレル当たり100ドルと金相場の1オンス当たり1000ドルの到達を2006年4月に正確に予想したことで有名。

ロジャーズ氏(65)は「他人が『絶対に再び手を出すな』という時こそ、買い入れを開始するべきだ」と述べ、中国株投資による「利益は多大だ」と予想した。

中国の株式指標であるCSI300指数は昨年10月16日に付けた過去最高値から52%下落。
同国政府によるインフレ抑制策が企業業績に響くとの懸念が背景だ。
ロジャーズ氏は中国株の購入を1999年に開始したが、これまでに一切売却していないと説明。
その上で、現在の相場調整について、「市場とはそのように動くものだ」と語った。

ロジャーズ氏はさらに「現在のような時にこそ、投資すべきだ。私は再び買い入れることを考え始めている。今世紀の残りは中国に投資していく」と述べた。

原油はさらに上昇へ

またロジャーズ氏は、投資家は「商品相場について学ぶべきだ」と語り、27 日に過去最高値を更新したニューヨーク原油先物相場はさらに上昇すると予想。
「誰かがアクセス可能な地域で非常に素早く主要な油田を見つけない限り」原油相場は上がり続けると述べた。

米ドルについて、ロジャーズ氏は投資回避を投資家に勧めた。
また、米国株は「下落していく」とも予想し、サブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン危機が「数年続く」米国は「第二次世界大戦後で最悪のリセッション(景気後退)にあるかもしれない」との認識を示した。

引用終了  http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=newsarchive&sid=aEXYF89EPszc


長期的視点であれば、やはり中国株への投資はするべきでしょうか。
米国のリセッションについては悲観的なコメントですね。
原油相場については、さらに上昇するとのことですね。


中国株関連ETF

EEM iShares MSCI EMERGING MKT

FXI iShares FTSE/Xinhua CHINA 25 Index

02800 Tracker Fund of Hong Kong

02801 iSHARES MSCI CHINA TRACKER

02823 iSHARES FTSE/XINHUA A50 CHINA TRACKER

02828 HANG SENG H-SHARE INDEX ETF


これらのETFは楽天証券で購入できます。
グローバル投資なら楽天証券。海外ETFの取扱い銘柄数はネット証券No1!

スポンサードリンク

========================================================
<PR>
配当金がザクザク増える配当成長銘柄の選び方
米国株の高配当・連続増配銘柄に投資するには米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは
J-REIT老後資金の貯め方マンション購入注意点外国為替動向米国株高配当銘柄
不動産投資外国債券投資お金の増やし方機関投資家 運用資産規模
米国株高配当銘柄&連続増配銘柄米国株おすすめ銘柄60代資産運用70代資産運用
========================================================

証券会社が売りたがらない米国債を買え!証券会社が売りたがらない米国債を買え!
(2011/08/26)
林 敬一

商品詳細を見る


ウォールストリート・ジャーナル式 経済指標 読み方のルールウォールストリート・ジャーナル式 経済指標 読み方のルール
(2012/02/22)
サイモン・コンスタブル、ロバート・E・ライト 他

商品詳細を見る

資産を築く配当成長
categories
recent entries
LINKs

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索
BLOG ranking


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

海外投資

配当成長株投資セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド米国株おすすめ銘柄60代資産運用70代資産運用米国株高配当銘柄
住宅ローン外貨MMFキャッシング転職オーストラリアドル為替教育資金を軽くする
住宅ローンの常識生命保険東京メトロ To Me CARD 申込みマンショ ン購入 注意点住宅ローン 銀行保険リストラからの再就職
リストラ対策1億円貯める方法医療保険の選び方新生銀行住宅ローン何度も何度も確認中国株式投資
シティバンクヘッジファンド米国株式購入方法高配当株式銘柄生活必需品株式銘柄投資信託 選び方
外国株式投資クリーンエネルギー老後資金の貯め方株 入門米国株の魅力債務整理マンションニュース学費の家計負担を軽くするワンルームマンション投資
株式投資 インデックスお金を増やす方法外国為替の動向外国株式インデックス株式投資儲からない長期投資 銘柄米国債 購入中学生テスト勉強方法
米国株 高配当資産運用 初心者老後 貯蓄老後資金運用新興国投資
米国債券投資ワンルームマンション投資 成功老後の資金J-REIT ETF転職エステ効果中古ワンルームマンション投資米国株 銘柄
投資 銘柄教育資金 貯め方海外ファンド投資高利回り 投資信託国債暴落 対策老後資金 貯め方米国株 買い方外国株 購入老後 貯蓄
OL 貯金方法サラリーマン お金持ち米国債 購入社債の購入方法老後の生活資金ワンルームマンション投資のリスク外国債券投資信託
海外株式投資消費者金融比較お金を借りる方法キャッシング即日老後のお金即日融資今すぐお金を借りる方法外貨MMF 豪ドルOL株初心者
人生を楽しむ方法サラリーマン副業ワンルームマンション投資為替動向収入を増やす方法モーニングスター配当フォーカス指数配当狙いの株式投資


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。