ヘッジファンド
  1. Top
  2. » バブル
スポンサードリンク


英マン・グループが見通し 2010年4-6月期頃ヘッジファンドに最大500億ドル流入

ヘッジファンド関連ニュースです。

引用開始

11月23日(ブルームバーグ):株式上場するヘッジファンド会社で最大手の英マン・グループは23日、来年4-6月(第2四半期)までにヘッジファンド業界に四半期当たり最大500億ドル(約4兆4480億円)が流入し始めるとの見通しを示した。

ピーター・クラーク最高経営責任者(CEO)はアムステルダムで開かれた記者団との会合で、「われわれの業界に戻るのを望む大量のマネーが存在することは非常に明白だ。しかし、来年1-3月(第1四半期)か4-6月(第2四半期)までは著しい還流は始まらないだろう」と述べ、「四半期当たり200億-500億ドルは容易かもしれない。
資金流入が非常に大幅に伸びることになる」との見方を示した。

引用終了

いよいよ巨大なマネーが再び動き始めるのでしょうか。


スポンサードリンク

コモディティ(商品)バブル崩壊か?原油高騰の理由は需給で投機バブルではないのか?

コモディティ(商品)バブル説、原油高騰の理由は需給説 いろいろ見解がありますね。
ブルームバーグより関連ニュースです。


引用開始

商品バブル崩壊か、消費後退と供給拡大で-上期上昇率は35年で最高


6月30日(ブルームバーグ):商品相場の上期(1-6月)の上昇率は、過去35年で最高となりそうだ。
下期(7-12月)は、原油や銅などの原料価格が過去最高水準にあり、消費が後退する一方、供給は拡大する可能性があるため、これほどの上昇率は望めないかもしれない。

商品19銘柄で構成するロイター・ジェフリーズCRB指数の年初来上昇率は29%と、1973年以降で最高となった。
価格高騰により、米国ではガソリン需要の伸びが鈍化。世界最大の金購入国であるインドでは、金の購入量が前年同期比で50%急減した。
一方、供給面を見ると、米国の小麦農家、中国の鉄鋼メーカーが増産を進めている。

マーケットフィールド・アセット・マネジメント(ニューヨーク)のマイケル・アーロンシュタイン社長は、商品相場における「清算の日が近づいている」と指摘。
「わたしは、7年間にわたり商品相場に対してプラスの見方をしてきたが、今回初めて、単なる下落ではない劇的で長期的な相場の逆転が起こる可能性があると考えている」と語る。
同氏は90年代に商品投資を手掛け、年率 15%のリターン(投資収益率)を上げた。

原油相場は過去1年間で2倍に上昇し、27日には最高値の1バレル当たり 142.99ドルに達した。
三菱東京UFJ銀行の上級金融エコノミスト、クリス・ラプキー氏は同日、エネルギー価格の高騰が消費後退につながり、7-12月には価格が下落するとの見方を示した。

世界最大のエネルギー消費国である米国では、ガソリン価格が1ガロン当たり4ドルを突破。
全米自動車協会(AAA)は26日、7月4日の独立記念日を含む週末に旅行に出かける人の数が、少なくとも2000年以来で初めて減少するとの見通しを示した。
ジェット燃料の高騰により、過去半年間に少なくとも航空会社12社が破たんした。

中国の輸入鈍化

チリやペルー、メキシコでの一時的な供給停止の影響などにより、銅相場は年初来で28%上昇。
5月5日には最高値の1ポンド当たり4.2605ドルに達した。これを受け、需要は鈍化している。
中国の10日の発表によると、同国の5月の銅輸入は19%減少し、昨年8月以来の低水準となった。

UBS(ロンドン)のアナリスト、ジョン・リード氏は5月29日、金の最大の需要家である宝飾品業者の金需要が昨年9月以降、失速していると指摘した。
金相場は3月17日に最高値の1オンス当たり1033.90ドルを付けた。リード氏は、金相場の今年の平均が850ドル、来年は750ドルになると予想している。
業界団体ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)の5月20日の発表によると、第1四半期(1-3月)の金需要は5年ぶりの低水準まで落ち込んだ。

資産規模35億ドル(約3700億円)のヘッジファンド、トーラジ・キャピタル・マネジメントの設立者、ポール・トーラジ氏は3月、今年の商品相場の高騰について、株式や債券より高いリターンを目指す投資家の商品の「行き過ぎた買い」によるものであるとの見方を示した。

米リーマン・ブラザーズ・ホールディングスによると、商品に連動する指数への投資額は4月中旬時点で2350億ドルと、かつてない水準まで膨らんだ。
だが、投資の拡大は鈍化しつつある。英バークレイズ・キャピタルによると、欧州で上場されている商品相場連動型の金融商品への純資産流入額は第2四半期(4-6月)に前期比約58%減の8億ドルとなった。

ガートマン・レター(米バージニア州)のエディター、デニス・ガートマン氏は、規制強化の動きも商品の投資妙味の低下につながるとみている。

一部の商品は上昇を続ける可能性がある。米国最大のトウモロコシ産地であるアイオワのほか、イリノイ、ミズーリの各州が洪水に見舞われたことから、 トウモロコシと大豆の作付面積は400万エーカー(2.5%)縮小する恐れがある。

http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=newsarchive&sid=ab14cppgDzP0


原油高騰の理由は需給、投機バブルではない-ゴールドマン


6月30日(ブルームバーグ):ゴールドマン・サックス・グループは、原油相場の高騰を招いているのは需給関係であって投機ではないとの見方を示した。

ゴールドマンのアナリスト、ジェフリー・カリー氏とデービッド・グリーリー氏はリポートで、原油高が部分的には投機によるバブルだという懸念には根拠がないとして、需給関係に照らして価格が高過ぎれば在庫が増えるはずだと指摘した。

リポートは「在庫が物理的に継続して増えている現象は見られない」として、「現在の価格高騰はファンダメンタルな需給に支えられている。商品市場は投機的なバブルの様相を呈していない」と指摘している。

原油先物相場は30日、一時1バレル=143.67ドルと、過去最高値と付けた。石油輸出国機構(OPEC)は需給よりも投機が相場を動かしているとして、価格高騰に対してできることはないとしている。

http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=newsarchive&sid=awvJHQY9_pUo

引用終了


いろいろ見解がありますが、コモディティ(商品)相場が歴史的高値圏にあるということは事実です。
大きく値上がりした後は、大きく値を下げる可能性もありますね。

スポンサードリンク

原油相場の上昇は正当?それともバブル? いろいろな人の見解

ブルームバーグに「原油相場:01年以降、697%高騰-インターネット・バブルしのぐ」という記事がありました。

引用開始

6月13日(ブルームバーグ):原油を先週、過去最高値の1バレル当たり139.12ドルに押し上げた上昇相場は、2000年に暴落したインターネット関連株の上昇率を上回った。
ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油相場は、1バレル当たり 17.45ドルだった01年11月以降、697%上昇し、ことしに入って28回最高値を更新した。
ブルームバーグとビスポーク・インベスメント・グループが集計したデータによると、株式相場で同様のパターンが見られたのは、インターネット関連株がナスダック総合指数を640%押し上げ、最高値となった8年前だった。

投資家らが、株式相場は、米半導体メーカー大手ブロードコムやインターネット小売り最大手の米アマゾン・ドット・コムなどの企業の利益に下支えされていないと結論付けたことから、ナスダック総合指数は2000年3月にピークに達して以降、78%急落。

約6兆ドル(約650兆円)相当の時価総額が失われた。
資産家で投資家のジョージ・ソロス氏やショーク・グループのスティーブン・ショーク社長は、原油相場は需給によって正当化される水準にないため、近く急落する可能性があるとの見方を示す。

ショーク社長は「今回の投資熱は、インターネット・バブルや不動産バブル、1920年代のダウ・ジョーンズ指数への投資熱、南海泡沫事件(18世紀の英国での投機ブーム)、オランダでのチューリップの球根への投資ブームと何も変わらない」と指摘。「歴史は何度も、何度も繰り返す」と語る。
ショークは、石油輸出国機構(OPEC)加盟国や米金融業界、石油会社などを顧客とし、エネルギー相場の見通しについてアドバイスしている。

インターネット・バブルとの違い

米プリンストン大学のバートン・マルキール教授(経済学)は、供給が制限されている一方、新興国の需要が拡大しているため、原油相場の上昇は正当化される可能性があるとみている。
同教授は、この点が、供給が「無限に拡大し得る」ため新株の発行が相場下落につながった1990年代のテクノロジー関連株の場合とは異なるとの見方を示す。

マルキール教授はプリンストンからのインタビューで「今回の状況は、インターネット・バブルの状況とは根本的に異なる」と指摘。
「原油が枯渇しつつあると言っているわけではないが、供給は明らかにひっ迫している。5年、 10年先には相場は134ドルを上回るだろう」との見通しを示す。

ビアンコ・リサーチ(シカゴ)のジェームズ・ビアンコ社長は「チャートを見て原油相場はバブルの特徴を帯びていると主張することはできる。ただ、最終的にピークに達するまでには長い時間を要する可能性がある」と述べた。

引用終了  http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=newsarchive&sid=axZniPGpl66Q


バートン・マルキール教授は、原油相場の上昇は正当化される可能性があり、5年、 10年先には相場は134ドルを上回るだろうとの見通しですね。

バートン・マルキール教授といえば、あの「ウォール街のランダム・ウォーカー」の著者として有名ですね。

最近の著書では「中国株投資の王道」があります。

中国株投資の王道中国株投資の王道
(2008/03/14)
バートン マルキール

商品詳細を見る


スポンサードリンク

ソロス氏 商品指数連動ファンドへの一段の投資は勧められないとの見解

ブルームバーグに「投資家ソロス氏:商品相場は「膨張しつつあるバブル」-英紙FT 」という記事がありました。

引用開始

6月3日(ブルームバーグ):英紙フィナンシャル・タイムズ(FT、オンライン版)によると、投資家ジョージ・ソロス氏は原油や他の商品相場は「膨張しつつあるバブル」だとして、機関投資家に適した投資先ではないとの考えを示した。
同紙は3日、ソロス氏が同日に米議会委員会で行う証言の原稿を入手して伝えた。

それによると、ソロス氏は商品指数に連動するファンドへの資金流入が商品相場を押し上げていると指摘。
そのような投資は1987年の株式相場急落の原因になったとの考えを示している。

同氏は原油相場の急落が「差し迫っているわけではない」が、商品指数連動ファンドへの一段の投資は勧められないとの見解を示すという。

引用終了  http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=newsarchive&sid=aUPRIovWleO4


ソロス氏は、商品相場は「膨張しつつあるバブル」だとして、機関投資家に適した投資先ではないとの見解のようですね。

リンク先の

ホンネの資産運用セミナー
なぜ年金ファンドのコモディティ投資は批判されないのか?


の記事の中でも、年金ファンドのコモディティ投資について書かれています。


スポンサードリンク

原油相場 バブル 石油メジャー そしてリセッション

ブルームバーグから原油相場に関する記事がありました。


引用開始

「NY原油:2016年12月限が3日で14%高騰-140ドルに迫る」

5月21日(ブルームバーグ):ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の先物市場は、原油相場が向こう8年間に1バレル当たりほぼ140ドルに向かうことを示唆している。

時価総額で証券最大手の米ゴールドマン・サックス・グループが、供給のひっ迫を理由に原油相場の2008年下期(7-12月)の平均が141ドルに、09 年は148ドルになるとの見通しを示して以降、2016年12月に引き渡しとなる原油先物は3営業日で17.08ドル(14%)高騰した。

シティグループ・グローバル・マーケッツ(ニューヨーク)のエネルギーアナリスト、ティム・エバンス氏は、2016年12月限が、今夏に引き渡しとなる原油先物の3倍以上の上昇率を示したのは「最近、特に期先物の原油に関する」見通しを示していたゴールドマンの見方と「合致する」と指摘する。

石油メジャー(国際石油資本)の米エクソンモービル、英蘭系ロイヤル・ダッチ・シェル、英BP、米シェブロン、仏トタル、米コノコフィリップスのことしの探査・生産向け投資は過去最高の987億ドル(約10兆2000億円)に上り、8年前の4倍以上に膨らむ見通しだ。
これらの石油会社が石油輸出国機構(OPEC)加盟国以外の国々で生産する原油の供給量は、向こう4年間の世界的な需要の伸びの約20%にしか対応できないと予想されている。

原油の発見が困難な状況になる一方、中国や中東などの地域の原油需要は旺盛だ。
国際エネルギー機関(IEA)が13日に発表したリポートによると、これらの国々のことしの需要は4.9%増加し、北米や欧州の需要後退を埋め合わせると予想されている。IEAは、世界の原油需要見通しを4カ月連続で引き下げた。

ワコビア・セキュリティーズ(セントルイス)のエネルギーアナリスト、 エリック・ウィッテノーヤー氏は「多くの報道によると、OPECも他の市場専門家も、相場が現時点の水準よりもかなり高くなるとの見通しを示している」と指摘。
「このことは、相場の今後のさらなる上昇を肯定する証拠になり得る」との見方を示す。

http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=newsarchive&sid=aFbhuTxcJSrs


「ソロス氏:原油相場はバブル、米英リセッションで崩壊へ-テレグラフ」

5月26日(ブルームバーグ):26日の英紙デーリー・テレグラフ(オンライン版)によると、米投資家ジョージ・ソロス氏は、ここ数週間の原油相場高騰が主に投機的な資金の流入が原因で、現在の過去最高値圏の相場はバブルの様相を呈していると述べた。

ソロス氏は同紙とのインタビューで、ドル安や中東産原油の供給減、中国での需要拡大でエネルギー高はある程度説明できるとしながらも、原油相場に「投機が及ぼす影響が拡大している」と指摘。
石油バブルは米英両国がリセッション(景気後退)に陥るまでは崩壊しないが、その後は劇的に下落する恐れがあると語った。
同紙によると、ソロス氏は英経済が1970年代または90年代初めの不景気よりも深刻なリセッションに直面しているとの認識も示した。

http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=newsarchive&sid=aZqu7z8ajdBc

引用終了


原油をはじめとするコモディティ相場はどこまで上昇するのでしょうか。
米英両国がリセッションに陥ると劇的に原油相場は下落するのでしょうか。

スポンサードリンク

========================================================
<PR>
配当金がザクザク増える配当成長銘柄の選び方
米国株の高配当・連続増配銘柄に投資するには米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは
J-REIT老後資金の貯め方ワンルームマンション投資は都内・中古・築浅が成功のポイント
外国為替動向米国株高配当銘柄
不動産投資外国債券投資お金の増やし方機関投資家 運用資産規模
米国株高配当銘柄&連続増配銘柄米国株おすすめ銘柄60代資産運用70代資産運用
========================================================

証券会社が売りたがらない米国債を買え!証券会社が売りたがらない米国債を買え!
(2011/08/26)
林 敬一

商品詳細を見る


ウォールストリート・ジャーナル式 経済指標 読み方のルールウォールストリート・ジャーナル式 経済指標 読み方のルール
(2012/02/22)
サイモン・コンスタブル、ロバート・E・ライト 他

商品詳細を見る

資産を築く配当成長
categories
recent entries
LINKs

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索
BLOG ranking


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

海外投資

配当成長株投資セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド米国株おすすめ銘柄60代資産運用70代資産運用米国株高配当銘柄
住宅ローン外貨MMFキャッシング転職オーストラリアドル為替教育資金を軽くする
住宅ローンの常識生命保険東京メトロ To Me CARD 申込みマンショ ン購入 注意点住宅ローン 銀行保険リストラからの再就職
リストラ対策1億円貯める方法医療保険の選び方新生銀行住宅ローン何度も何度も確認中国株式投資
シティバンクヘッジファンド米国株式購入方法高配当株式銘柄生活必需品株式銘柄投資信託 選び方
外国株式投資クリーンエネルギー老後資金の貯め方株 入門米国株の魅力債務整理マンションニュース学費の家計負担を軽くするワンルームマンション投資
株式投資 インデックスお金を増やす方法外国為替の動向外国株式インデックス株式投資儲からない長期投資 銘柄米国債 購入中学生テスト勉強方法
米国株 高配当資産運用 初心者老後 貯蓄老後資金運用新興国投資
米国債券投資ワンルームマンション投資 成功老後の資金J-REIT ETF転職エステ効果中古ワンルームマンション投資米国株 銘柄
投資 銘柄教育資金 貯め方海外ファンド投資高利回り 投資信託国債暴落 対策老後資金 貯め方米国株 買い方外国株 購入老後 貯蓄
OL 貯金方法サラリーマン お金持ち米国債 購入社債の購入方法老後の生活資金ワンルームマンション投資のリスク外国債券投資信託
株式投資と読書消費者金融比較お金を借りる方法キャッシング即日老後のお金即日融資今すぐお金を借りる方法外貨MMF 豪ドルOL株初心者
人生を楽しむ方法サラリーマン副業ワンルームマンション投資為替動向収入を増やす方法モーニングスター配当フォーカス指数配当狙いの株式投資