ヘッジファンド
  1. Top
  2. » ジムロジャーズ
スポンサードリンク


中国株や資源、円を推奨 ジム・ロジャーズ氏

ジム・ロジャーズ氏が米ドルや債券相場、推奨する投資対象について語っています。

引用開始

1月19日(ブルームバーグ)
「私ならドルについて懸念するだろうし、実際に懸念している。米国はドルを増刷している。米国はたとえそれがドル相場を破滅させることになっても、景気回復のために可能なことであれば何でもするだろう」

「国債を保有している投資家は大きな間違いを犯している。国債投資はひどい結果に終わるだろう。すべての国債を売却することを勧める」

「もうけたいのであれば、原材料や一部の商品、中国株を買うことだ。私は決して中国株を売らなかった。農業関連銘柄や電力株を買うべきだ。投資すべき対象は中国株と円、商品だ」

ロジャーズ氏は10年後には英国やマレーシアは原油輸入国になっているだろうと予想している。

引用終了

やはり食料、エネルギー、資源、中国ということみたいですね。



スポンサードリンク

GSCIコモディティインデックス 弱気相場入り

コモディティ関連ニュースです。

引用開始

世界の経済成長鈍化の兆しが示されるなか、 11日の原油、金、銀相場は下落し、商品24銘柄で構成するスタンダード・アンド・プアーズのゴールドマン・サックス商品指数(S&P GSCI商品指数)が弱気相場に入った。

S&P GSCI商品指数は同日、一時、前週末比1.2%安の695.444まで下げ、7月3日に付けた過去最高水準の893.859と比較して21%低い水準となり、弱気相場入りした。200日移動平均の697.1652も下回った。

米国のガソリン需要の後退などにより、原油相場は7月11日に付けた最高値147.27ドルを22%下回る水準まで下落。
金相場は最高値に達した3月以降、 20%下げている。
トウモロコシ、大豆、小麦、銅も今年付けた最高値から下落し、弱気相場に入っている。

モルガン・アセット・マネジメント(アラバマ州)で300億ドル(約3兆 3000億円)相当の資産運用に携わるウォルター・ヘルウィグ氏は「投資家らは経済成長の鈍化をかなり織り込んでいる」と指摘。
「商品需要に対する懸念は非常に大きく、相場はテクニカル分析上の支持線も下回ってきている」との見方を示した。

S&P GSCI商品指数は上期(1-6月)に41%高騰した。
資産規模 35億ドルのヘッジファンド、トーラジ・キャピタル・マネジメント(ニューヨーク)の設立者、ポール・トーラジ氏は3月時点で、株式とドルの相場下落を背景とした投資家による「行き過ぎた買い」が商品相場の高騰につながっているとの見方を示していた。

S&P GSCI商品指数は年初来では依然、15%上昇している。
同指数の年間リターン(投資収益率)は、06年にマイナス15%と、01年以降で初めてマイナスに転じた。07年はプラス33%だった。

引用終了  http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=newsarchive&sid=atbLKn8NBiBs


一旦弱気相場になっていますが、ジム・ロジャーズの言うとおり、この先まだコモディティ相場はあがるのでしょうか。


関連記事

コモディティ相場について ジム・ロジャーズ氏の見解

原油相場の上昇は正当?それともバブル? いろいろな人の見解

ロジャーズ氏 原油の強気相場、今後数年間は続く

中国株投資 米ドルと米国株 そして原油相場 ジム・ロジャーズ氏の見解

スポンサードリンク

中国株投資 米ドルと米国株 そして原油相場 ジム・ロジャーズ氏の見解

ブルームバーグに「ジム・ロジャーズ氏:中国株投資を断念するな-原油は一段と上昇へ」という記事がありました。


引用開始

6月28日(ブルームバーグ):投資家ジム・ロジャーズ氏は28日、南京での投資家会合で、年初からほぼ50%下げた中国株への投資を「断念する」べきではないと語った。
同氏は原油相場の1バレル当たり100ドルと金相場の1オンス当たり1000ドルの到達を2006年4月に正確に予想したことで有名。

ロジャーズ氏(65)は「他人が『絶対に再び手を出すな』という時こそ、買い入れを開始するべきだ」と述べ、中国株投資による「利益は多大だ」と予想した。

中国の株式指標であるCSI300指数は昨年10月16日に付けた過去最高値から52%下落。
同国政府によるインフレ抑制策が企業業績に響くとの懸念が背景だ。
ロジャーズ氏は中国株の購入を1999年に開始したが、これまでに一切売却していないと説明。
その上で、現在の相場調整について、「市場とはそのように動くものだ」と語った。

ロジャーズ氏はさらに「現在のような時にこそ、投資すべきだ。私は再び買い入れることを考え始めている。今世紀の残りは中国に投資していく」と述べた。

原油はさらに上昇へ

またロジャーズ氏は、投資家は「商品相場について学ぶべきだ」と語り、27 日に過去最高値を更新したニューヨーク原油先物相場はさらに上昇すると予想。
「誰かがアクセス可能な地域で非常に素早く主要な油田を見つけない限り」原油相場は上がり続けると述べた。

米ドルについて、ロジャーズ氏は投資回避を投資家に勧めた。
また、米国株は「下落していく」とも予想し、サブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン危機が「数年続く」米国は「第二次世界大戦後で最悪のリセッション(景気後退)にあるかもしれない」との認識を示した。

引用終了  http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=newsarchive&sid=aEXYF89EPszc


長期的視点であれば、やはり中国株への投資はするべきでしょうか。
米国のリセッションについては悲観的なコメントですね。
原油相場については、さらに上昇するとのことですね。


中国株関連ETF

EEM iShares MSCI EMERGING MKT

FXI iShares FTSE/Xinhua CHINA 25 Index

02800 Tracker Fund of Hong Kong

02801 iSHARES MSCI CHINA TRACKER

02823 iSHARES FTSE/XINHUA A50 CHINA TRACKER

02828 HANG SENG H-SHARE INDEX ETF


これらのETFは楽天証券で購入できます。
グローバル投資なら楽天証券。海外ETFの取扱い銘柄数はネット証券No1!

スポンサードリンク

ロジャーズ氏 航空株 スイスフラン 円 中国人民元 投資妙味 原油の強気相場、今後数年間は続く

ブルームバーグに「ロジャーズ氏:原油の強気相場、「今後数年間は続く」-埋蔵量減少で」という記事がありました。

引用開始

6月5日(ブルームバーグ):投資会社ロジャーズ・ホールディングスの ジム・ロジャーズ会長は5日、原油の確認埋蔵量が減少しているため、相場上昇は「今後数年間は続く」との見通しを示した。

ロジャーズ氏は同日、ブルームバーグテレビジョンとのインタビューに応じ、「大量の原油が発見されない限り、相場が1バレル当たり150ドルや200ドルまで上昇し得ることは分かっている。世界の確認埋蔵量が枯渇しつつあることは事実だ」と述べた。

ロジャーズ氏はまた、5日に世界各地の航空株を購入したとことを明らかにした。
同氏は、経営破たんは航空株が底値に近づいている可能性を示唆していると指摘。「破たんは底値の兆しだ。高値の兆しではない」との見解を示した。

ロジャーズ氏は、投資銀行、特に米シティグループと米ファニーメイ(連邦住宅抵当金庫)のETF(上場投資信託)については売り持ちになっていると語った。
同氏はシンガポールの自宅から電話インタビューに応じ「投資銀行すべてについて売り持ちになっている。どの投資銀行も困難な状況にあることは分かっている。大部分の会計報告はまやかしだ」との見方を示した。

ロジャーズ氏は、航空株に加え、スイス・フランや円、中国の人民元も投資妙味があると述べた。

引用終了  http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=newsarchive&sid=asc1t.kTVlOk


ロジャーズ氏は原油の強気相場が今後数年間は続くといっているようですね。

コモディティETFの 

iShares S&P GSCI COMMODITY INDEXED TRUST (GSG)

はエネルギーの割合が7割強で、原油が4割弱を占めています。

私はこのETFを保有していませんが、投資するか悩みどころです。


スポンサードリンク

========================================================
<PR>
配当金がザクザク増える配当成長銘柄の選び方
米国株の高配当・連続増配銘柄に投資するには米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは
J-REIT老後資金の貯め方ワンルームマンション投資は都内・中古・築浅が成功のポイント
外国為替動向米国株高配当銘柄
不動産投資外国債券投資お金の増やし方機関投資家 運用資産規模
米国株高配当銘柄&連続増配銘柄米国株おすすめ銘柄60代資産運用70代資産運用
========================================================

証券会社が売りたがらない米国債を買え!証券会社が売りたがらない米国債を買え!
(2011/08/26)
林 敬一

商品詳細を見る


ウォールストリート・ジャーナル式 経済指標 読み方のルールウォールストリート・ジャーナル式 経済指標 読み方のルール
(2012/02/22)
サイモン・コンスタブル、ロバート・E・ライト 他

商品詳細を見る

資産を築く配当成長
categories
recent entries
LINKs

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索
BLOG ranking


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

海外投資

配当成長株投資セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド米国株おすすめ銘柄60代資産運用70代資産運用米国株高配当銘柄
住宅ローン外貨MMFキャッシング転職オーストラリアドル為替教育資金を軽くする
住宅ローンの常識生命保険東京メトロ To Me CARD 申込みマンショ ン購入 注意点住宅ローン 銀行保険リストラからの再就職
リストラ対策1億円貯める方法医療保険の選び方新生銀行住宅ローン何度も何度も確認中国株式投資
シティバンクヘッジファンド米国株式購入方法高配当株式銘柄生活必需品株式銘柄投資信託 選び方
外国株式投資クリーンエネルギー老後資金の貯め方株 入門米国株の魅力債務整理マンションニュース学費の家計負担を軽くするワンルームマンション投資
株式投資 インデックスお金を増やす方法外国為替の動向外国株式インデックス株式投資儲からない長期投資 銘柄米国債 購入中学生テスト勉強方法
米国株 高配当資産運用 初心者老後 貯蓄老後資金運用新興国投資
米国債券投資ワンルームマンション投資 成功老後の資金J-REIT ETF転職エステ効果中古ワンルームマンション投資米国株 銘柄
投資 銘柄教育資金 貯め方海外ファンド投資高利回り 投資信託国債暴落 対策老後資金 貯め方米国株 買い方外国株 購入老後 貯蓄
OL 貯金方法サラリーマン お金持ち米国債 購入社債の購入方法老後の生活資金ワンルームマンション投資のリスク外国債券投資信託
株式投資と読書消費者金融比較お金を借りる方法キャッシング即日老後のお金即日融資今すぐお金を借りる方法外貨MMF 豪ドルOL株初心者
人生を楽しむ方法サラリーマン副業ワンルームマンション投資為替動向収入を増やす方法モーニングスター配当フォーカス指数配当狙いの株式投資