ヘッジファンド
  1. Top
  2. » コモディティ

スポンサーサイト

スポンサードリンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
  • ジャンル :

ヘッジファンド指数 世界株式指数 世界債券指数 2013年パフォーマンス(4月まで)

スポンサードリンク


ヘッジファンドの個別戦略で2013年初から2月までの成績が相対的に良いのは、
Managed Futures戦略
Emerging Markets戦略
Long/Short Equity戦略のようです。

ヘッジファンドインデックス


~Apr 2013

Dow Jones Credit Suisse Hedge Fund Index YTD 4.99%

Man AHL Diversified plc(ADP) YTD 10.5%



S&P 500 USD YTD 12.74%

Merrill Lynch All US Convertibles Index USD  YTD 3.53%

Goldman Sachs Commodities Index USD YTD -4.21%

Credit Suisse High Yield II Index USD YTD 4.83%

Citigroup World Government Bond Index USD YTD -1.73%

Dow Jones World Index USD  YTD 9.05%

Dow Jones World Emerging Index USD YTD -0.46%

Dow Jones Latin America Index USD YTD -0.38%

Dow Jones Global 1800 Asia Pacific ex Japan Index USD YTD 8.52%

Dow Jones STOXX Eastern Europe Total Market Index USD YTD -3.46%

スポンサードリンク
スポンサーサイト

ヘッジファンド指数 世界株式指数 世界債券指数 2010年9月

スポンサードリンク


9月のヘッジファンドインデックス コモディティインデックス S&P 500 世界株式指数 世界債券指数のパフォーマンスです。

ヘッジファンドの個別戦略では、8月に引き続き株高の恩恵で、Emerging Markets戦略やLong/Short Equity戦略がよかったようです。
また、8月、9月でManaged Futuresが好調のようです。

Sep 2010

Credit Suisse/Tremont Hedge Fund Index 3.43%  YTD 5.98%


S&P 500 USD 8.92% YTD 3.89%

Merrill Lynch All US Convertibles Index USD 5.56%  YTD 4.27%

Goldman Sachs Commodities Index USD 8.49%  YTD -3.87%

Credit Suisse High Yield II Index USD 2.65%  YTD 10.93%

Citigroup World Government Bond Index USD 2.38%  YTD 7.05%

Dow Jones World Index USD 9.54%  YTD 2.89%

Dow Jones World Emerging Index USD 11.17%  YTD 10.34%

Dow Jones Latin America Index USD 10.50%  YTD 7.09%

Dow Jones Global 1800 Asia Pacific ex Japan Index USD 11.72%  YTD 5.43%

Dow Jones STOXX Eastern Europe Total Market Index USD 16.12%  YTD -4.00%




スポンサードリンク

ヘッジファンド指数 世界株式指数 世界債券指数 2010年3月

スポンサードリンク


3月のヘッジファンドインデックス コモディティインデックス S&P 500 世界株式指数 世界債券指数のパフォーマンスです。

3月は株式のパフォーマンスがよかったようですね。
ヘッジファンドの個別戦略では、Managed Futures戦略やMulti-Strategy戦略、Emerging Markets戦略がよかったようです。


Credit Suisse/Tremont Hedge Fund Index 2.22% YTD 3.09%

S&P 500 USD 6.03% YTD 5.39%
Merrill Lynch All US Convertibles Index USD 4.59% YTD 5.64%
Goldman Sachs Commodities Index USD 1.93% YTD -0.89%
Credit Suisse High Yield II Index USD 2.85% YTD 4.47%
Citigroup World Government Bond Index USD -1.70% YTD -1.33%
Dow Jones World Index USD 6.35% YTD 3.02%
Dow Jones World Emerging Index USD 8.21% YTD 2.04%
Dow Jones Latin America Index USD 6.55% YTD 0.94%
Dow Jones Global 1800 Asia Pacific ex Japan Index USD 6.56% YTD 1.63%
Dow Jones STOXX Eastern Europe Total Market Index USD 10.58% YTD -1.22%


スポンサードリンク

ヘッジファンド指数 世界株式指数 世界債券指数 2010年1月

スポンサードリンク


1月のヘッジファンドインデックス コモディティインデックス S&P 500 世界株式指数 世界債券指数のパフォーマンスです。

1月はHigh Yield Indexがよかったようですね。
ヘッジファンドの個別戦略では、Distressed戦略やFixed Income Arbitrage戦略がよかったようです。
Managed Futuresはあいかわらず苦戦してますね。

S&P 500 USD -3.60%
Merrill Lynch All US Convertibles Index USD -1.56%
Goldman Sachs Commodities Index USD -7.90%
Credit Suisse High Yield II Index USD 1.27%
Citigroup World Government Bond Index USD 0.09%
Dow Jones World Index USD -4.21%
Dow Jones World Emerging Index USD -5.55%
Dow Jones Latin America Index USD -8.76%
Dow Jones Global 1800 Asia Pacific ex Japan Index USD -7.08%
Dow Jones STOXX Eastern Europe Total Market Index USD -2.66

スポンサードリンク

中央銀行の金購入は最強の売りシグナルか?

スポンサードリンク


高騰を続ける金相場関連のニュースです。

引用開始

12月16日(ブルームバーグ):金相場の過去の動向が将来の結果を示唆するとすれば、金の大口の買い手の一部は最も強い売りシグナルを発している可能性がある。

9年連続の強気相場で金が過去最高値に達するなか、これまでに産出された金の約18%を保有する各国・地域の中央銀行は、約20年ぶりに金準備を拡大している。

米調査会社CPMグループの推計によると、中央銀行の金購入は今年、1380万オンス(429トン)、約155億ドル(約1兆4000億円)相当に上り、金準備は1988年以来の純増となりそうだ。
金相場は88年に15%下落。
スイスや英国などの中央銀行が保有量を減らしたため、値を戻すまでには15年を要した。

金相場が少なくとも1948年以降で最長の上昇相場に近づくなか、インドや中国、ロシアは金準備を積み増している。
投資拡大により金連動型ETF(上場投資信託)の金保有量は準備高が上位の中央銀行に匹敵するほどに膨らんでいる。
世界最大の商品ヘッジファンドを運用するクライブ・キャピタル(ロンドン)の11月のリターン(投資収益率)は、貴金属相場の上昇にけん引され5月以降で最高となった。

米政府の元経済顧問、米メリーランド大学のピーター・モリチ教授は「金の買いは終盤に入っている。中央銀行は、投資に関する洞察力では知られていない。この状況が反映しているのは、米経済や価値保存手段としてのドルの長期的な耐久性に対する信頼の欠如だ」との見方を示した。

産金会社が出資する業界団体ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)が集計したデータによると、金相場が前回のピークである1オンス当たり850ドルに達した1980年にも各国は金保有を増やした。

英調査会社GFMSの推計によると、金相場が1999年に20年ぶりの安値である251.95ドルまで下落したことから、各国は同年以降、4880トンを売却。
金価格は2001年に回復し始め、今年12月3日に最高値の1226.56ドルに達した。

引用終了

過去の動向が将来の結果を示唆するとすれば、最も強い売りシグナルを発している可能性があるとのことです。
金相場はいつまで高騰するのでしょうね。


スポンサードリンク

========================================================
<PR>
配当金がザクザク増える配当成長銘柄の選び方
米国株の高配当・連続増配銘柄に投資するには米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは
J-REIT老後資金の貯め方マンション購入注意点外国為替動向米国株高配当銘柄
不動産投資外国債券投資お金の増やし方機関投資家 運用資産規模
米国株高配当銘柄&連続増配銘柄米国株おすすめ銘柄60代資産運用70代資産運用
========================================================

証券会社が売りたがらない米国債を買え!証券会社が売りたがらない米国債を買え!
(2011/08/26)
林 敬一

商品詳細を見る


ウォールストリート・ジャーナル式 経済指標 読み方のルールウォールストリート・ジャーナル式 経済指標 読み方のルール
(2012/02/22)
サイモン・コンスタブル、ロバート・E・ライト 他

商品詳細を見る

資産を築く配当成長
スポンサードリンク
categories
スポンサー
recent entries
スポンサー
LINKs

このブログをリンクに追加する

recent comments
recent track_backs
ブログ内検索
スポンサー

profile

Author:Millefeuille
東京でビジネスマンしています。
30代後半ですが、さわやかなオッサンを目指してます。
投資の目的は経済的自由&リスクヘッジのため。
オフショアファンド、ヘッジファンド、ETFなどの海外ファンド国際分散投資で資産形成を目論んでいます。

BLOG ranking


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

海外投資

配当成長株投資セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド米国株おすすめ銘柄60代資産運用70代資産運用米国株高配当銘柄
住宅ローン外貨MMFキャッシング転職オーストラリアドル為替教育資金を軽くする
住宅ローンの常識生命保険東京メトロ To Me CARD 申込みマンショ ン購入 注意点住宅ローン 銀行保険リストラからの再就職
リストラ対策1億円貯める方法医療保険の選び方新生銀行住宅ローン何度も何度も確認中国株式投資
シティバンクヘッジファンド米国株式購入方法高配当株式銘柄生活必需品株式銘柄投資信託 選び方
外国株式投資クリーンエネルギー老後資金の貯め方株 入門米国株の魅力債務整理マンションニュース学費の家計負担を軽くするワンルームマンション投資
株式投資 インデックスお金を増やす方法外国為替の動向外国株式インデックス株式投資儲からない長期投資 銘柄米国債 購入中学生テスト勉強方法
米国株 高配当資産運用 初心者老後 貯蓄老後資金運用新興国投資
米国債券投資ワンルームマンション投資 成功老後の資金J-REIT ETF転職エステ効果中古ワンルームマンション投資米国株 銘柄
投資 銘柄教育資金 貯め方海外ファンド投資高利回り 投資信託国債暴落 対策老後資金 貯め方米国株 買い方外国株 購入老後 貯蓄
OL 貯金方法サラリーマン お金持ち米国債 購入社債の購入方法老後の生活資金ワンルームマンション投資のリスク外国債券投資信託
海外株式投資消費者金融比較お金を借りる方法キャッシング即日老後のお金即日融資今すぐお金を借りる方法外貨MMF 豪ドルOL株初心者
人生を楽しむ方法サラリーマン副業ワンルームマンション投資為替動向収入を増やす方法モーニングスター配当フォーカス指数配当狙いの株式投資


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。