ヘッジファンド
  1. Top
  2. » お金を生み出す
スポンサードリンク


保有株数を増やすことが、株式資産を増やす最大の方策

株式市場は、「売買を繰り返す株取引屋」が大多数派ですが、
「どの企業の株を保有し、どのようにその保有株数を増やすか」が重要であることに気づかなければなりません。

「保有株数を増やす」ことが、株式資産を増やす最大の方策になり得ます。
配当を再投資するのも、「保有株数を増やす」ためになります。

確実に利益成長し、お金を次々に生み出す企業であれば、株価の動きを気にすることもなく保有をしていられます。
投資家としては、ぐっすり眠れ、安心して過ごすことができることはありがたいことです。


米国株式市場では、配当成長銘柄がとても多く存在します。

配当成長株というのは毎年のように1株あたりの配当金を増やしてくれる銘柄で、連続増配しているような株式銘柄のことです。

このような配当成長銘柄を保有していれば株価が上がらなくても、年々もらえる配当金が増えていくわけです。
年々もらえる配当金を再投資していけば、増配と再投資の複利効果でさらに利益を生んでいきます。

投資期間が長ければ長いほど効果も大きくなるため、配当再投資を長期に継続することで、より大きな収益を期待できることになります。

配当成長を続ける優良銘柄を見つけておいて、相場全体が大きく下がったときなどに仕込む準備をしておくように常に注意しておくことは重要だと思います。


40代50代から考える「定年後のお金の不安をなくす最強の方法」

安心して保有できる優良銘柄の選び方






スポンサードリンク

株の損切りは本当に必要なのでしょうか

持続的に利益を生み出し続けられる優良銘柄なら、大きく値下がりしても、そのうち回復するはずです。

損切りして、後に株価が回復してから買い直すなら、含み損が拡大していても保有し続けた方が良いのではないでしょうか。

確かに損切りして、暴落の大底で買い直すことが出来れば得になりますが、株価のピークや大底は誰も予想することが出来ないのですから、そんな上手くいくはずありません。

保有している銘柄が値下がりしても「長期的に見て、この銘柄の株価は上がるだろう」という確信が自分自身で持てるなら、「損切りなどせず保有し続けるべき」という考えもあります。

重要なことは、保有する銘柄が大きく値下がりしたときに、「買いのチャンス」と思えるくらい、その銘柄が将来生み出す利益に自分が自信を持てるかどうかです。


自信を持って、安心して保有できる優良銘柄の選び方 >>



スポンサードリンク

優良企業の株式を保有する安心感

優良企業は財務基盤が盤石で、利益を生み出し続ける、つまりお金を生み出し続けます。
そうした企業の株式価値は増大していくものです。
個人投資家は優良企業の株式を保有していれば、いずれは報われるでしょう。

そもそも、優良企業の株式を長期的に保有しようという知恵が働く個人投資家であれば、とんどでもない高値で株を買うことは考えにくいですが・・・。

確実に利益成長し、お金を次々に生み出す企業であれば、株価の動きを気にすることもなく保有をしていられます。
投資家としては、ぐっすり眠れ、安心して過ごすことができることはありがたいことです。


40代50代から考える「定年後のお金の不安をなくす最強の方法」

安心して保有できる優良銘柄の選び方 >>




スポンサードリンク

インデックス投資では味わえない株式投資の本質

投資とは「何らかのリスクを取って経済的な生産活動に資本を提供する行為」です。
投資という形で資本を提供し、リスクを取った見返りがリターンとなります。


さわかみホールディングスの澤上氏はいいます。

投資というのは対象を厳選してはじめてリスクが取れるし、リターンも期待できるのだ。
したがって、リスクをコントロールしてとか、リスクを分散してとかの考えなど、はじめから存在しない。




モダン・ポートフォリオ理論では、リスクは株価のボラティリティと定義され、競争力の高い優良企業であっても、市場平均と比べて急激に株価が下がったら、株価が上がっていた時より下がった後の方が「リスクが高い」ということになります。

50年先も安定的に純利益を生み出すような競争力の高い優良企業の株価が急落した時こそ買いのチャンスであり、長期的に見れば元本が確保された状態の最もリスクが低い状態ということになります。


バフェットはいいます。

企業のオーナー(株主)として考えれば、学者の定義するリスクはまったく的外れである。
あまりにも外れているため、不合理だとすら言える。



丸ごと一つの企業を買ってしまうということを想定すると、投資対象の選定の考え方はシンプルになります。
例えば、丸ごと一つの企業のオーナーに自分がなったとしたら、自分への金銭的なリターンは純利益になります。

その時どんな企業のオーナーになりたいと思うでしょうか。
50年先も安定的に純利益を生み出すような事業で、設備投資も少なくてよい企業ではないでしょうか。

もし、そうであるなら、ビジネスの何分の1の事業を分け合っている株式投資でも同じ考えで良いのではないでしょうか。
世界の中で競争力の高い優良企業は、毎年莫大な純利益を生み出し続けています。

莫大な純利益を稼ぎ出す優良銘柄を選ぶ方法



スポンサードリンク

株式投資で優良銘柄を選び出す方法

投資とは「何らかのリスクを取って経済的な生産活動に資本を提供する行為」です。
投資という形で資本を提供し、リスクを取った見返りがリターンとなります。


株式投資で銘柄選びなどで迷ったときに、
「丸ごと一つの企業を買ってしまう」ということを想定すると大変わかりやすくなります。

丸ごと一つの企業のオーナーに自分がなったとしたら、
自分への金銭的なリターンは純利益になります。

その時どんな企業のオーナーになりたいと思うでしょうか。
50年先も安定的に純利益を生み出すような事業で、設備投資も少なくてよい企業ではないでしょうか。

もし、そうであるなら、丸ごと一つの企業のオーナーでなくて
ビジネスの何分の1の事業を分け合っている形、つまり株式投資でも同じ考えで良いのではないでしょうか。

お金を生み出す優良銘柄を選び出す具体的な方法



スポンサードリンク

========================================================
<PR>
配当金がザクザク増える配当成長銘柄の選び方
米国株の高配当・連続増配銘柄に投資するには米国株式投資の配当成長銘柄投資戦略とは
J-REIT老後資金の貯め方ワンルームマンション投資は都内・中古・築浅が成功のポイント
外国為替動向米国株高配当銘柄
不動産投資外国債券投資お金の増やし方機関投資家 運用資産規模
米国株高配当銘柄&連続増配銘柄米国株おすすめ銘柄60代資産運用70代資産運用
========================================================

証券会社が売りたがらない米国債を買え!証券会社が売りたがらない米国債を買え!
(2011/08/26)
林 敬一

商品詳細を見る


ウォールストリート・ジャーナル式 経済指標 読み方のルールウォールストリート・ジャーナル式 経済指標 読み方のルール
(2012/02/22)
サイモン・コンスタブル、ロバート・E・ライト 他

商品詳細を見る

資産を築く配当成長
categories
recent entries
LINKs

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索
BLOG ranking


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

海外投資

配当成長株投資セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド米国株おすすめ銘柄60代資産運用70代資産運用米国株高配当銘柄
住宅ローン外貨MMFキャッシング転職オーストラリアドル為替教育資金を軽くする
住宅ローンの常識生命保険東京メトロ To Me CARD 申込みマンショ ン購入 注意点住宅ローン 銀行保険リストラからの再就職
リストラ対策1億円貯める方法医療保険の選び方新生銀行住宅ローン何度も何度も確認中国株式投資
シティバンクヘッジファンド米国株式購入方法高配当株式銘柄生活必需品株式銘柄投資信託 選び方
外国株式投資クリーンエネルギー老後資金の貯め方株 入門米国株の魅力債務整理マンションニュース学費の家計負担を軽くするワンルームマンション投資
株式投資 インデックスお金を増やす方法外国為替の動向外国株式インデックス株式投資儲からない長期投資 銘柄米国債 購入中学生テスト勉強方法
米国株 高配当資産運用 初心者老後 貯蓄老後資金運用新興国投資
米国債券投資ワンルームマンション投資 成功老後の資金J-REIT ETF転職エステ効果中古ワンルームマンション投資米国株 銘柄
投資 銘柄教育資金 貯め方海外ファンド投資高利回り 投資信託国債暴落 対策老後資金 貯め方米国株 買い方外国株 購入老後 貯蓄
OL 貯金方法サラリーマン お金持ち米国債 購入社債の購入方法老後の生活資金ワンルームマンション投資のリスク外国債券投資信託
株式投資と読書消費者金融比較お金を借りる方法キャッシング即日老後のお金即日融資今すぐお金を借りる方法外貨MMF 豪ドルOL株初心者
人生を楽しむ方法サラリーマン副業ワンルームマンション投資為替動向収入を増やす方法モーニングスター配当フォーカス指数配当狙いの株式投資